道のオアシス 里見駅

 毎月第1・3土日曜日に、県道81号線に面した小湊鉄道里見駅前で開催している、喜動房倶楽部の皆さんによる駅喫茶と産直。楽しみに立ち寄る人が多い人気スポットとなっている。
 11月中旬、訪れた里見駅は少し早めの紅葉見物や養老渓谷温泉に向かう途中の人たち、採れたて新鮮地場野菜や手作り漬け物などを目当てに買い物に来た人たちで賑わっていた。
「スーパーで売っていない野菜が売っていたり、値段も安いし鮮度も良いから買いに来る」という人もいれば、「ここで作って販売している焼き芋やケーキ、弁当が美味しくて、つい来てしまう」という人も。市外からサイクルトレイン利用で来た人は「こっち方面に走る時は必ず、ここに寄る」と話し、県北部から走り続けてきた人は「今日は140キロぐらい一気に走った。いつもここでひと休みする」と、温かいコーヒーを飲みながら笑顔で話す。また、近所から集まったという女性たちもお喋りに興じていた。
 今の時期、煮ると旨味が増し、おでんにピッタリの聖護院大根や白菜の漬け物などがオススメだとか。これから南市原の紅葉も見頃になる。是非、オアシス的存在の里見駅で、ひと休みして和んでみては。
 11月は29日・30日も開催。そして、12月の開催は6日・7日のみなので、お間違えなく!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る