飛べ! 高く遠くまで

 紙飛行機を高く、遠くに飛ばしたい。幼少の頃、誰しも考えたことがあるのでは。紙飛行機を作り、個人と4人1組の団体で飛距離と滞空時間を競う、小学生対象の『第5回折り紙ヒコーキ大会』が昨秋、五井公民館で開かれた。講師は『全日本折り紙ヒコーキ大会』2009年チャンピオンの松崎幸弥(ゆきや)さん。『日本折り紙ヒコーキ協会』公認の折り方で、距離競技用のヤリヒコーキ、滞空競技用のハヤテの2種類の紙飛行機を折るところからスタート。新作ハヤテは、松崎さん独自の細かい改良が加わって折り方が難しい。約50名の子ども達は、主催者である市原市青少年相談員連絡協議会のメンバーに手伝ってもらいながら何とか完成させた。いよいよ実際に飛ばしてみる。松崎さんが低い姿勢から投げたハヤテは8m辺りまで高く舞い上がり「わぁーっ」と歓声が。「コツは折り方と投げ方。意外にも筋力を必要とするスポーツなのですよ」と松崎さん。
 個人戦で飛距離部門、滞空部門とダブル優勝を決めたのは4年の松本和樹くん。飛距離では15・69mとダントツだった。団体では2年から6年までの男子で組んだチームが両部門優勝を勝ち取った。次回はどんな性能の紙飛行機が飛び出すのか楽しみだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る