飛べ! 高く遠くまで

 紙飛行機を高く、遠くに飛ばしたい。幼少の頃、誰しも考えたことがあるのでは。紙飛行機を作り、個人と4人1組の団体で飛距離と滞空時間を競う、小学生対象の『第5回折り紙ヒコーキ大会』が昨秋、五井公民館で開かれた。講師は『全日本折り紙ヒコーキ大会』2009年チャンピオンの松崎幸弥(ゆきや)さん。『日本折り紙ヒコーキ協会』公認の折り方で、距離競技用のヤリヒコーキ、滞空競技用のハヤテの2種類の紙飛行機を折るところからスタート。新作ハヤテは、松崎さん独自の細かい改良が加わって折り方が難しい。約50名の子ども達は、主催者である市原市青少年相談員連絡協議会のメンバーに手伝ってもらいながら何とか完成させた。いよいよ実際に飛ばしてみる。松崎さんが低い姿勢から投げたハヤテは8m辺りまで高く舞い上がり「わぁーっ」と歓声が。「コツは折り方と投げ方。意外にも筋力を必要とするスポーツなのですよ」と松崎さん。
 個人戦で飛距離部門、滞空部門とダブル優勝を決めたのは4年の松本和樹くん。飛距離では15・69mとダントツだった。団体では2年から6年までの男子で組んだチームが両部門優勝を勝ち取った。次回はどんな性能の紙飛行機が飛び出すのか楽しみだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る