飛べ! 高く遠くまで

 紙飛行機を高く、遠くに飛ばしたい。幼少の頃、誰しも考えたことがあるのでは。紙飛行機を作り、個人と4人1組の団体で飛距離と滞空時間を競う、小学生対象の『第5回折り紙ヒコーキ大会』が昨秋、五井公民館で開かれた。講師は『全日本折り紙ヒコーキ大会』2009年チャンピオンの松崎幸弥(ゆきや)さん。『日本折り紙ヒコーキ協会』公認の折り方で、距離競技用のヤリヒコーキ、滞空競技用のハヤテの2種類の紙飛行機を折るところからスタート。新作ハヤテは、松崎さん独自の細かい改良が加わって折り方が難しい。約50名の子ども達は、主催者である市原市青少年相談員連絡協議会のメンバーに手伝ってもらいながら何とか完成させた。いよいよ実際に飛ばしてみる。松崎さんが低い姿勢から投げたハヤテは8m辺りまで高く舞い上がり「わぁーっ」と歓声が。「コツは折り方と投げ方。意外にも筋力を必要とするスポーツなのですよ」と松崎さん。
 個人戦で飛距離部門、滞空部門とダブル優勝を決めたのは4年の松本和樹くん。飛距離では15・69mとダントツだった。団体では2年から6年までの男子で組んだチームが両部門優勝を勝ち取った。次回はどんな性能の紙飛行機が飛び出すのか楽しみだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る