子どもとお年寄りが触れ合う日溜まりのような場所

 昨年12月、内田未来楽校(旧内田小)で、ドングリを使った工作と餅つきを楽しむイベントが開催された。近隣から子どもが集まり、内田未来楽校を主宰する報徳の会の皆さんが用意した、地元の山で拾ったドングリやマツボックリ、ボンド、竹串、ビーズ等で、思い思いに作品づくりに打ち込んだ。
      やはり、近くに住むお年寄りも集まって来て、子どもに何か相談されると、優しく教えてあげたり、「よくできたね」、「上手だね」などと声をかけ、子どもたちも嬉しそうな様子だった。作品が完成すると、皆、満足げに眺め、お互いに誉めあったり、自慢しているのが、微笑ましかった。同会の小出さんは「私たちが子どもの頃に、自然の恵みで遊んだように、子どもたちに山の恵みを知ってもらう機会になれば」と話した。
 工作中に報徳の会の皆さんが、餅つきの準備を。大人たちに手伝ってもらいながら、子どもたちは餅つきに挑戦。20キロほどの杵で餅をつく。臼の横で餅をこねていた女性は、「今は餅つき機でやるようになったから、懐かしいね」と言い、餅つきをした子どもは「面白い!」と声を弾ませていた。
 一通り、子どもたちの餅つき体験が終わると、再び、同会の皆さんが寒い中、汗をかきかき、餅つきをし、ついた餅に各自、用意されたきな粉やあんこ、おろしをつけて食べた。野菜たっぷりの汁物も人気で、餅同様にお代わりする子どもも。「あんこ作りの名人」という91歳の小泉つるさんは「私が卒業した学校が、廃校したあと、また、こうやって賑わっているのはいいねえ」と目を細めていた。
 内田未来楽校では、1月17日(土)18日(日)、2月21日(土)22日(日)、10時から16時まで『いちはらアート×ミックス 未来に向けた笑顔の写真展』を開催する。
 また、1月24日(土)9時から正午まで、内田の森の『里山ハイキング』(約4キロ)も。昼食にイノシシ汁と内田の新米を用意する。参加費は大人200円、小学生以下無料。

問合せ 小出さん
TEL 090・2661・5567

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市を拠点に活動しているVONDS市原ジュニアソフトボールクラブが、今夏に大阪市で開催された『第19回全日本中学生女子ソフトボール大会…
  2. トラツグミ  幾種類かのツグミの仲間が冬鳥として房総丘陵を訪れる。見通しの良い草地や田んぼではツグミ、日差しが差し込む明るい林ではアカハ…
  3. 赤いほおづき  11月4日は晴天日の確率が1位とニュースで知る。朝から雲ひとつない爽やかな晩秋の午後、庭木の手入れも進み、庭の隅に目をや…
  4.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  市原市を拠点に活動しているVONDS市原ジュニアソフトボールクラブが、今夏に大阪市で開催された『第19回全日本中学生女子ソフトボール大会…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る