6年目の始まり 山里吾郎

 その瞬間、味の素スタジアム(東京・調布市)は、諦めにも似た絶望感に包まれた。ピッチにうずくまる選手たち。それを見つめながら立ち上がれないままのサポーター。反対側のピッチ、スタンドで繰り広げられる歓喜の光景がぼんやりと霞む…▼3万5千人の大観衆を飲み込んだスタジアムは明暗をくっきりと描き出し、長く狭い通路は肩をすぼめながら歩くジェフファンの無言の行進が続いた▼「肝心なところで勝負弱いからなぁ」。試合前に抱いていた唯一の懸念材料が奇しくも的中してしまった。引き分けでもJ1昇格が決まる絶対優位の試合▼若干、硬さはみられたが決して悪い立ち上がりではなかった。ゴールを狙う意識は強かったし、守備も山口智を中心に早めのつぶしを徹底させていた。ところが魔が差したかのように前半37分、セットプレーから失点。後半、懸命の攻めも実らず最後までゴールをこじ開けることができなかった▼2010年から始まったジェフのJ1復帰への道。常に昇格本命と言われながら12年はプレーオフ決勝で大分に敗れ、13年は準決勝で徳島と引き分け、昨年はJ2での最高位3位となりながら決勝で山形に敗退、3度目の正直を果たせなかった▼市原臨海をホームにしていたころは担当記者として戦いを分析。選手、監督、スタッフらとも親交があった。フクアリに移ってからも1サポーター、サッカーファンとして毎年、スタンドで応援を続けている。本紙(シティライフ)がオフィシャルスポンサーなのも何かの縁。「今年こそ」の願いを込めて6年目を通うつもりだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…
  2. 2020年3月23日(月)~4月中旬 茂原公園及び豊田川、一宮川沿い  茂原の中心街全体が桜色に彩られる「茂原桜まつり」が、今年も3月2…
  3.  先日、出かけた近くの山中で、枯れ木の枝にキノコがびっしりと発生していました。こんな寒い時期に出るキノコってなんだろう。もしかしてこれって野…
  4.  現代美術を展示する、築150年の古民家ギャラリー「夏庭」。かつての農家を一部改築し、長柄の広がる田園風景のなか、質の高い芸術作品をゆったり…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…

ピックアップ記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る