6年目の始まり 山里吾郎

 その瞬間、味の素スタジアム(東京・調布市)は、諦めにも似た絶望感に包まれた。ピッチにうずくまる選手たち。それを見つめながら立ち上がれないままのサポーター。反対側のピッチ、スタンドで繰り広げられる歓喜の光景がぼんやりと霞む…▼3万5千人の大観衆を飲み込んだスタジアムは明暗をくっきりと描き出し、長く狭い通路は肩をすぼめながら歩くジェフファンの無言の行進が続いた▼「肝心なところで勝負弱いからなぁ」。試合前に抱いていた唯一の懸念材料が奇しくも的中してしまった。引き分けでもJ1昇格が決まる絶対優位の試合▼若干、硬さはみられたが決して悪い立ち上がりではなかった。ゴールを狙う意識は強かったし、守備も山口智を中心に早めのつぶしを徹底させていた。ところが魔が差したかのように前半37分、セットプレーから失点。後半、懸命の攻めも実らず最後までゴールをこじ開けることができなかった▼2010年から始まったジェフのJ1復帰への道。常に昇格本命と言われながら12年はプレーオフ決勝で大分に敗れ、13年は準決勝で徳島と引き分け、昨年はJ2での最高位3位となりながら決勝で山形に敗退、3度目の正直を果たせなかった▼市原臨海をホームにしていたころは担当記者として戦いを分析。選手、監督、スタッフらとも親交があった。フクアリに移ってからも1サポーター、サッカーファンとして毎年、スタンドで応援を続けている。本紙(シティライフ)がオフィシャルスポンサーなのも何かの縁。「今年こそ」の願いを込めて6年目を通うつもりだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る