6年目の始まり 山里吾郎

 その瞬間、味の素スタジアム(東京・調布市)は、諦めにも似た絶望感に包まれた。ピッチにうずくまる選手たち。それを見つめながら立ち上がれないままのサポーター。反対側のピッチ、スタンドで繰り広げられる歓喜の光景がぼんやりと霞む…▼3万5千人の大観衆を飲み込んだスタジアムは明暗をくっきりと描き出し、長く狭い通路は肩をすぼめながら歩くジェフファンの無言の行進が続いた▼「肝心なところで勝負弱いからなぁ」。試合前に抱いていた唯一の懸念材料が奇しくも的中してしまった。引き分けでもJ1昇格が決まる絶対優位の試合▼若干、硬さはみられたが決して悪い立ち上がりではなかった。ゴールを狙う意識は強かったし、守備も山口智を中心に早めのつぶしを徹底させていた。ところが魔が差したかのように前半37分、セットプレーから失点。後半、懸命の攻めも実らず最後までゴールをこじ開けることができなかった▼2010年から始まったジェフのJ1復帰への道。常に昇格本命と言われながら12年はプレーオフ決勝で大分に敗れ、13年は準決勝で徳島と引き分け、昨年はJ2での最高位3位となりながら決勝で山形に敗退、3度目の正直を果たせなかった▼市原臨海をホームにしていたころは担当記者として戦いを分析。選手、監督、スタッフらとも親交があった。フクアリに移ってからも1サポーター、サッカーファンとして毎年、スタンドで応援を続けている。本紙(シティライフ)がオフィシャルスポンサーなのも何かの縁。「今年こそ」の願いを込めて6年目を通うつもりだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る