古布を使った華やかな七宝まり

 1月に菊間保健福祉センターで、毎年大人気の講座『つるし飾り教室』が2回シリーズで行われ、20名が参加した。今回製作したのは、四方八方に広がる輪が円満な子孫繁栄を表すとされている七宝まり。つるし雛の飾りの一つでもあるが、単品でも季節問わず部屋に彩りを添えてくれる。講師は市内在住の宍倉春江さん。

 ものづくり講座のリピーターが多く、開始前から手作りパッチワークなどの作品や持参した布を見せ合い、会話をはずませる参加者の皆さん。「生地はどんなものでもOK。捨てられない着物やハンカチなどを再利用してみて」と話す宍倉さんの言葉通り、風呂敷やスカーフなどを持参している人も。赤地に白の絞りが入ったちりめんと鮮やかな紫、赤を基調にした華やかな花柄と黄緑など布の組み合わせによって様々な楽しい七宝まりが出来上がる。紫の小花柄のちりめんに桃色を合わせ、春らしいふんわりとした雰囲気の七宝まりを目指す人も。

 初回は型紙に合わせて布を裁断し、綿をたっぷり入れて縫い合わせ、12個のパーツを作ることに挑戦。次回はそれらを繋ぎ合わせて完成させる。同じものを12個作るという繰り返しの作業なので、世間話をするなど常に口も動かしながら楽しく手を動かす。縫い目は細かければ細かいほど見た目が綺麗に仕上がる。
 大変手際よく、ミシンで縫ったような細かい縫い目でパーツ作りを進めている86歳の女性がいた。周りから「すごい!」と感嘆の声があがっていたが、「裁縫をやっているとくつろげる。家でも、古くなった着物でこたつ布団や布団カバーなどを作って知人にあげたりしています。目が疲れるのも忘れるほど手芸が大好き」とのこと。
 今回は直径約15センチの七宝まりを作ったが、小型のものと組み合わせて連ねると素敵なつるし飾りになる。
 宍倉さんは、家庭で眠っている古布を利用するエコを意識した講座を他にも担当している。同センターで4月開講の布ぞうり作りや夏には『エコライフ』と称した講座でTシャツを用いたバスマット作りなども。気になる方は市の広報要チェック。おうちで眠っている材料、活かしてみては?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る