子どもたちのため 野球界、指導者のなすべきこと

 1月10日、youホールにてスポーツ指導者らを中心とした市民を対象に特別講演会『継続・想像・育成 今なさねばならぬ事』(〔公財〕市原市地域振興財団主催)が2部構成で開催された。第1部の(一社)日本プロ野球選手会事務局長の松原徹さんの演題は『継続・あきらめない心~継続する心、環境・仕事とは 支え合い競い合うプロの世界』。
 同選手会は「一流のプロ野球選手も地域の少年野球からスタートする。育ててくれた地域、学校、野球ファンへの恩返しのために結成された」という。30年以上前、村田選手、有藤選手、落合選手らが活躍するロッテオリオンズで1軍マネージャーだった松原さん。同選手会が労働組合としても認定された1988年からは事務局を務めた。
 語られたのは、野球界全体のため労働環境、最低年俸、年金など野球生命をかけて改革してきた選手たちについて。球界史上初のストライキ決行に古田選手と一緒に泣いたこと、FA制度前に海を渡った野茂選手から突き付けられた選手会の課題ほかその場にいた者しか知りえないドラマ。数々の試練を経て、ライバルでもある12球団の選手たちが選手会をお互いに支え合う団体に作り上げてきた。松原さんは「野球選手を目指す子どもたちのため、これからも選手会は『13番目のチーム』として選手の地位向上、被災地支援などの社会貢献、ファンサービスなどを行っていく」と語り、会場の野球関係者や市民に熱い気持ちを伝えた。
 第2部の国際武道大学准教授でアスレチックトレーナーの笠原政志さんの演題は『世代を超えたスポーツ指導者講習会』。「スポーツは社会人基礎力を培える。トレーナーの語源は電車。コーチは馬車。どちらも人を乗せて目的地まで連れて行く役目がある」という。心理学者メラビアンの法則を例に「見た目や雰囲気、やって見せる、声の大きさやトーン、言葉の力で伝えて」と話し、「指導者に必要なのはM(ミッション)、V(ビジョン)、P(パッション)。情熱だけではなく未来像を示し、知識や情報を正しく使って」とアドバイスした。
 子どもたちのやる気スイッチを入れるには、「無関心期、関心期、準備期、行動期、維持期と段階がある。相手をよく観察し、適切な時期に情報を与え、気づきを促すと主体的に動ける。「君ならできる」と勇気づけて」とメカニズムを解説した。球速やコントロールについては映像やデータを示し、「紙鉄砲の音を出す動きで投球フォームの再現性を習得できる」と肱の位置や小指の向きを変え、紙鉄砲を実演してみせた。
 共催した市原市少年野球協会理事長の安藤孔三さんによると「子どもたちのために指導者もステップアップしてほしいと、協会は毎年指導者向けに講習会を開いている」とのこと。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る