銀塩写真文化の継承を目指す

 デジカメ全盛の今、銀塩の素晴らしさに魅了されたフィルムカメラ愛好家のクラブ『長生フィルムの会』。今年も恒例の写真展を開催する。
 カラー、モノクロ約50点の作品と、『秋と冬』をテーマに企画展示コーナーも設置。すべてフィルム作品。あらためてフィルムならではの魅力を再認識できる、またとない機会。
 また、長生エリア以外の会員も入会可。興味のある方も是非、足を運んでみては。
 2月28日(土)~3月10日(火)まで茂原市立美術館(茂原公園内)で開催。開館時間は9~17時(最終日は16時まで)。会期中は休館日なし。入館無料。

問合せ 長生フィルム会
TEL 0475・24・0125

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る