魔法の種からできた料理

 市原市で活動するガールスカウト千葉県65団の子どもたちが大豆料理に挑戦した。幼稚園児から小学3年生までのスカウトたちは、昨年6月にハイキングで見つけた「魔法の種」をまき、草取りや観察をして育てた。「作物を抜いたら根がいっぱい生えていた」、「サヤから豆がぽろぽろ落ちた」と収穫したのは枝豆と大豆。今年3月、体験入団の親子、高学年スカウトや大人のリーダーらも参加し、総勢29人が有秋公民館で雛祭りを兼ねた収穫祭を開いた。
 まず、『大豆先生』に扮した栄養士のリーダーから「大豆はお肉やお魚と同じたんぱく質」と栄養について学んだ。料理に必要な豆乳作りは大豆200gを水800㏄に一昼夜つけたものをミキサーで砕き、10分煮るところから。リーダーが布で濾して豆乳をしぼり、残ったおからを見せると子どもたちは好奇心いっぱいの表情でのぞき込んだ。
 調理をはじめると高学年スカウトは1、2年生に「小さい子にもやらせてあげて」と声をかけたり、野菜の切り方のお手本を見せたりと積極的にお手伝い。クッキー作りが楽しくて飛び跳ねる園児やオーブンのタイマーを待ちどうしそうにカウントする1年生もいて調理室はにぎやか。途中から高校3年生のスカウトも加わり、約2時間で豆腐、豆腐パン、チリコンカン、豆乳スープ、おからを使ったサラダ、ナゲットやクッキーの7種を仕上げた。
 団委員長の越智邦代さんは「体験による学びを重視している。世界中に仲間を作って」と語った。

問合せ 越智さん
TEL 0436・66・2928

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る