魔法の種からできた料理

 市原市で活動するガールスカウト千葉県65団の子どもたちが大豆料理に挑戦した。幼稚園児から小学3年生までのスカウトたちは、昨年6月にハイキングで見つけた「魔法の種」をまき、草取りや観察をして育てた。「作物を抜いたら根がいっぱい生えていた」、「サヤから豆がぽろぽろ落ちた」と収穫したのは枝豆と大豆。今年3月、体験入団の親子、高学年スカウトや大人のリーダーらも参加し、総勢29人が有秋公民館で雛祭りを兼ねた収穫祭を開いた。
 まず、『大豆先生』に扮した栄養士のリーダーから「大豆はお肉やお魚と同じたんぱく質」と栄養について学んだ。料理に必要な豆乳作りは大豆200gを水800㏄に一昼夜つけたものをミキサーで砕き、10分煮るところから。リーダーが布で濾して豆乳をしぼり、残ったおからを見せると子どもたちは好奇心いっぱいの表情でのぞき込んだ。
 調理をはじめると高学年スカウトは1、2年生に「小さい子にもやらせてあげて」と声をかけたり、野菜の切り方のお手本を見せたりと積極的にお手伝い。クッキー作りが楽しくて飛び跳ねる園児やオーブンのタイマーを待ちどうしそうにカウントする1年生もいて調理室はにぎやか。途中から高校3年生のスカウトも加わり、約2時間で豆腐、豆腐パン、チリコンカン、豆乳スープ、おからを使ったサラダ、ナゲットやクッキーの7種を仕上げた。
 団委員長の越智邦代さんは「体験による学びを重視している。世界中に仲間を作って」と語った。

問合せ 越智さん
TEL 0436・66・2928

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る