魔法の種からできた料理

 市原市で活動するガールスカウト千葉県65団の子どもたちが大豆料理に挑戦した。幼稚園児から小学3年生までのスカウトたちは、昨年6月にハイキングで見つけた「魔法の種」をまき、草取りや観察をして育てた。「作物を抜いたら根がいっぱい生えていた」、「サヤから豆がぽろぽろ落ちた」と収穫したのは枝豆と大豆。今年3月、体験入団の親子、高学年スカウトや大人のリーダーらも参加し、総勢29人が有秋公民館で雛祭りを兼ねた収穫祭を開いた。
 まず、『大豆先生』に扮した栄養士のリーダーから「大豆はお肉やお魚と同じたんぱく質」と栄養について学んだ。料理に必要な豆乳作りは大豆200gを水800㏄に一昼夜つけたものをミキサーで砕き、10分煮るところから。リーダーが布で濾して豆乳をしぼり、残ったおからを見せると子どもたちは好奇心いっぱいの表情でのぞき込んだ。
 調理をはじめると高学年スカウトは1、2年生に「小さい子にもやらせてあげて」と声をかけたり、野菜の切り方のお手本を見せたりと積極的にお手伝い。クッキー作りが楽しくて飛び跳ねる園児やオーブンのタイマーを待ちどうしそうにカウントする1年生もいて調理室はにぎやか。途中から高校3年生のスカウトも加わり、約2時間で豆腐、豆腐パン、チリコンカン、豆乳スープ、おからを使ったサラダ、ナゲットやクッキーの7種を仕上げた。
 団委員長の越智邦代さんは「体験による学びを重視している。世界中に仲間を作って」と語った。

問合せ 越智さん
TEL 0436・66・2928

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る