七十二歳のプロポーズ

遠 山 あき

 女性ばかり十人ほどの集まりだった。珍しくさまざまな職種を持つ仲間の集まりだったから、話題はピンからキリまであって、それはそれは楽しく、バラエティに富んだものだった。弁護士、会社経営者、農業、ただの主婦、開拓農家、宗教家、町会議院(当時の伊奈町)。会の掟は「みんな同じ女性、平等、人間仲間」。
 その日、いつも発言の少ない農家の主婦Kさんが、頬をほんのり染めて言った。彼女は長男四十一歳(独身)とふたりで葱や人参を栽培出荷している農家だった。
 「私、今年七十二歳になります。夫は三年前に亡くなりました。頑固で愛なんて全然無い男でしたが、五十年も一緒に暮らしました。それがねえ、ウーン、思い切って言っちゃうけど、私、去年の暮れに結婚の申し込みを受けたの」
 並みいるみんなは、一様にハーッと息を吐いて、身を乗り出した。「エーッ、誰から?」「恩師から」「じゃ、年配の人ね」「そう、三歳上。先生も奥さんを五年前に亡くしてる。中学三年の時の担任で、正直言うと、私の初恋の人だったの」
 みんな、わーと拍手!「それで?」「もちろん断ったわよ」「なぜもちろんなのよ。もったいない」「先生、可哀想」「夢も希望も捨てるの?」
 ワイワイ、ガヤガヤ、みんな勝手に感想を言い出してうるさいこと。「そんな嬉しい話!」「二度の春を期待しなかったの?」「いまさらね、息子の手前もあるし」
 おふたりとも七十歳を過ぎている。長命な現代と言っても、両人とも後期高齢者である。早晩限界がくるのは明らかだ。介護のための結婚? 人生最後の愛の燃焼? それは考えようかもしれないけど。五十数年の時間は、社会を、人間の内面を、どう変えているのだろう?
 しかし、その後もKさんは今までと変わりなく例会に出てくる。このごろは川柳に凝っているらしい。人生分からないものだなあ。私、今、九十七歳なんだけど。
 人、それぞれだ。自分の人生は自分のものだから……。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る