七十二歳のプロポーズ

遠 山 あき

 女性ばかり十人ほどの集まりだった。珍しくさまざまな職種を持つ仲間の集まりだったから、話題はピンからキリまであって、それはそれは楽しく、バラエティに富んだものだった。弁護士、会社経営者、農業、ただの主婦、開拓農家、宗教家、町会議院(当時の伊奈町)。会の掟は「みんな同じ女性、平等、人間仲間」。
 その日、いつも発言の少ない農家の主婦Kさんが、頬をほんのり染めて言った。彼女は長男四十一歳(独身)とふたりで葱や人参を栽培出荷している農家だった。
 「私、今年七十二歳になります。夫は三年前に亡くなりました。頑固で愛なんて全然無い男でしたが、五十年も一緒に暮らしました。それがねえ、ウーン、思い切って言っちゃうけど、私、去年の暮れに結婚の申し込みを受けたの」
 並みいるみんなは、一様にハーッと息を吐いて、身を乗り出した。「エーッ、誰から?」「恩師から」「じゃ、年配の人ね」「そう、三歳上。先生も奥さんを五年前に亡くしてる。中学三年の時の担任で、正直言うと、私の初恋の人だったの」
 みんな、わーと拍手!「それで?」「もちろん断ったわよ」「なぜもちろんなのよ。もったいない」「先生、可哀想」「夢も希望も捨てるの?」
 ワイワイ、ガヤガヤ、みんな勝手に感想を言い出してうるさいこと。「そんな嬉しい話!」「二度の春を期待しなかったの?」「いまさらね、息子の手前もあるし」
 おふたりとも七十歳を過ぎている。長命な現代と言っても、両人とも後期高齢者である。早晩限界がくるのは明らかだ。介護のための結婚? 人生最後の愛の燃焼? それは考えようかもしれないけど。五十数年の時間は、社会を、人間の内面を、どう変えているのだろう?
 しかし、その後もKさんは今までと変わりなく例会に出てくる。このごろは川柳に凝っているらしい。人生分からないものだなあ。私、今、九十七歳なんだけど。
 人、それぞれだ。自分の人生は自分のものだから……。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る