七十二歳のプロポーズ

遠 山 あき

 女性ばかり十人ほどの集まりだった。珍しくさまざまな職種を持つ仲間の集まりだったから、話題はピンからキリまであって、それはそれは楽しく、バラエティに富んだものだった。弁護士、会社経営者、農業、ただの主婦、開拓農家、宗教家、町会議院(当時の伊奈町)。会の掟は「みんな同じ女性、平等、人間仲間」。
 その日、いつも発言の少ない農家の主婦Kさんが、頬をほんのり染めて言った。彼女は長男四十一歳(独身)とふたりで葱や人参を栽培出荷している農家だった。
 「私、今年七十二歳になります。夫は三年前に亡くなりました。頑固で愛なんて全然無い男でしたが、五十年も一緒に暮らしました。それがねえ、ウーン、思い切って言っちゃうけど、私、去年の暮れに結婚の申し込みを受けたの」
 並みいるみんなは、一様にハーッと息を吐いて、身を乗り出した。「エーッ、誰から?」「恩師から」「じゃ、年配の人ね」「そう、三歳上。先生も奥さんを五年前に亡くしてる。中学三年の時の担任で、正直言うと、私の初恋の人だったの」
 みんな、わーと拍手!「それで?」「もちろん断ったわよ」「なぜもちろんなのよ。もったいない」「先生、可哀想」「夢も希望も捨てるの?」
 ワイワイ、ガヤガヤ、みんな勝手に感想を言い出してうるさいこと。「そんな嬉しい話!」「二度の春を期待しなかったの?」「いまさらね、息子の手前もあるし」
 おふたりとも七十歳を過ぎている。長命な現代と言っても、両人とも後期高齢者である。早晩限界がくるのは明らかだ。介護のための結婚? 人生最後の愛の燃焼? それは考えようかもしれないけど。五十数年の時間は、社会を、人間の内面を、どう変えているのだろう?
 しかし、その後もKさんは今までと変わりなく例会に出てくる。このごろは川柳に凝っているらしい。人生分からないものだなあ。私、今、九十七歳なんだけど。
 人、それぞれだ。自分の人生は自分のものだから……。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  2.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  3.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  4.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  5.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  6.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  7.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  8.  新しい地図エンタテイメント『地図で楽しむ本当にすごい千葉』が宝島社より刊行! 著者の『都道府県研究会』は、最新データを駆使して47都道府県…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…
  10.  #牛久にカフェを作りたいんだ…発起人たちの思いがそのまま屋号になったカフェスタンドが、3月、小湊鉄道上総牛久駅駅舎にオープンした。発起…

ピックアップ記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る