あなたの行動が、1人の命を救えるかも

 3月7日(土)、国分寺公民館主催で『普通救命講習』が開催された。講師は国分寺公民館近くにある中央消防署より救急救命士の小田島朋宏さんと消防隊の相葉和哉さん2名。15名の受講者はいざという時役立つ知識と実技に真剣に耳を傾け、3時間の講習後に修了証を受け取った。
 前半は、応急手当の基礎知識をテキストに添って勉強。「救急車が来るまでの時間は平均して8分です。その間、いかに救命処置を行ったかで、その後の命に関わります」と小田島さん。救命処置として『心配蘇生とAEDの使用手順』を学び実践する。胸骨圧迫では、「肘をもう少し伸ばしてください。力が入らないなら身体全体の体重をかけるように」と小田島さんが丁寧に指導をして回る。『強く・速く・絶え間なく』の動作が必要な胸骨圧迫に、受講者は「短い時間でも長く感じますね。体力もかなり使うし、命の問題だと思うと講習でも緊張しました」と話す。また、AEDという機械の存在を知っている人は多くても、実際に使用する機会はほとんどない。一連の流れを訓練することは貴重な体験になったはずだ。
 他にも、腹部突き上げ法や背部叩打法による気道異物の除去、乳児の救命処置の手順、怪我をした際の止血法などの説明もあった。急病人を目の前にした時、とっさに的確な判断を下すことは難しい。ただ、「主人が心臓の病気を持っているので、以前から不安に思うこともあって参加しました。とても勉強になりました」と話す受講者もいるように、身近で必要な知識であることは間違いない。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  2.  大網白里市を拠点に活動する『浜太鼓』は、今年結成20周年を迎えた。11月30日(土)には、大網白里アリーナで『結成20周年記念コンサート…
  3.  年々増加している児童虐待。子どもが死亡する痛ましい事件も後を絶ちません。市原市でも平成30年度では新規の虐待相談が399件と、多数の相談…
  4.  出産後すぐのお母さんは、ホルモンバランスの変化や慣れない育児で、体調を崩しやすくなっています。この時期に、医師、助産師、保健師等の専門職…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る