あなたの行動が、1人の命を救えるかも

 3月7日(土)、国分寺公民館主催で『普通救命講習』が開催された。講師は国分寺公民館近くにある中央消防署より救急救命士の小田島朋宏さんと消防隊の相葉和哉さん2名。15名の受講者はいざという時役立つ知識と実技に真剣に耳を傾け、3時間の講習後に修了証を受け取った。
 前半は、応急手当の基礎知識をテキストに添って勉強。「救急車が来るまでの時間は平均して8分です。その間、いかに救命処置を行ったかで、その後の命に関わります」と小田島さん。救命処置として『心配蘇生とAEDの使用手順』を学び実践する。胸骨圧迫では、「肘をもう少し伸ばしてください。力が入らないなら身体全体の体重をかけるように」と小田島さんが丁寧に指導をして回る。『強く・速く・絶え間なく』の動作が必要な胸骨圧迫に、受講者は「短い時間でも長く感じますね。体力もかなり使うし、命の問題だと思うと講習でも緊張しました」と話す。また、AEDという機械の存在を知っている人は多くても、実際に使用する機会はほとんどない。一連の流れを訓練することは貴重な体験になったはずだ。
 他にも、腹部突き上げ法や背部叩打法による気道異物の除去、乳児の救命処置の手順、怪我をした際の止血法などの説明もあった。急病人を目の前にした時、とっさに的確な判断を下すことは難しい。ただ、「主人が心臓の病気を持っているので、以前から不安に思うこともあって参加しました。とても勉強になりました」と話す受講者もいるように、身近で必要な知識であることは間違いない。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る