万一の時に、我が子を救うための心得

 辰巳公民館では、主催事業として月に1度、0歳から就園前までの乳幼児とその保護者を対象とした子育て会を開催している。同会で3月10日に行った講座は八幡消防署救急隊による『乳幼児の救急法』。14組の親子が参加、乳幼児に異常が見られた場合の対処法を一人ひとり人形を使って体験した。様子がおかしいと感じたら、まずは反応の確認を。足の裏を叩き声をかける。無反応なら異常を疑い助けを要請するが、周囲に人がいれば必ず名指しで「あなたは119番通報を」、「あなたはAED(自動体外式除細動器)を持ってきて」と指示をする。次に胸やお腹を見て呼吸の有無を確認。呼吸が停止していたら心肺蘇生を行う。胸骨圧迫は、乳幼児の場合、心臓の位置が乳首より下にあるため、乳首と乳首を結ぶ線の少し足側を指2本で胸の厚みの3分の1沈む強さで30回押す。強く、速く、絶え間なくがポイント。そして気道を確保しながら人工呼吸を。可能なら口と鼻共に口で覆い、胸が軽く膨らむ程度に1秒かけて優しく息を吹き込む。体の大きさに応じて、胸骨圧迫では片手や両手を用いる、人工呼吸時には手で鼻をつまむなど臨機応変な対応を。救急隊が到着するまでこれらを繰り返す。AEDが手元に届いたら電源を入れ、音声に従ってパッドを肌に直接装着し電気ショックを行う。何らかの反応があったり息を吹き返したことが確認できるまで、電気ショックと心肺蘇生法を諦めずに繰り返す。 
 万一の時に子どもを救えるよう熱心に話を聴く母親たち。「練習なのに焦った。頭で理解したと思っていても、やってみなきゃわからない。勉強になりました」との声が聞かれた。
 また、救急車の要請について「歩ける状態なら自家用車やタクシーを利用して。様子が明らかにおかしい場合は迷わず通報を」と救急隊の小出菜緒さん。
 消防局では、希望者に3時間の救命講習を行っている。詳しくは市原市ホームページにて。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る