前田麻里作品展開催中!

演劇ユニットとのコラボ作品 市原初展示

 小湊鉄道飯給駅前にある『ギャラリーいたぶ』で、5月10日までの土・日曜(10~16時・入場無料)、市原市在住の洋画家・前田麻里さんの作品展が開催されている。
「忘れかけていた大切な何かを思い出させてくれるような心あたたまる画風」と、全国各地で作品展を開催しファンも多い。これまでにも地元市原で作品展を開催してきたが、今回、特筆すべきなのは、通常ならデパートで初お披露目する新作を、今回、地元の皆様へまずと、新たな挑戦、越前楮和紙に描いた作品を展示していること。和紙に描くことを考え、長い年月をかけて構想を練り、生み出した技法で展開された花シリーズは、小品ながら鑑賞者を魅了するもの。
 更に、昨年12月、東京芸術劇場で行われた演劇ユニット テトラクロマット第2回公演『花の下にて』コラボレーション原画作品6点も展示。劇場で公演期間中に展示された150号の作品は、演出家に「舞台の格が上がる」と言わせたほど。
 是非、この機会に前田麻里さんの新しい作品世界を堪能しに出かけてみては。ギャラリーでは前田さんのミニアートやクリアファイル、画集、ポストカード等の販売もしている。また、同公演のDVDの放映も見られる。 
 前田さんは「数年前にテトラクロマットの皆さんが撮影のため、小湊鉄道の上総大久保駅に訪れ、その際に脚本家の坂口さんと私の絵との出会いがあった。そのご縁で今回のコラボ絵画が誕生した。花の季節に、この里山に囲まれたギャラリーで、原画の大作を楽しんでいただけたら」と話す。    

問合せ ギャラリーいたぶ
TEL 0436・96・0011

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る