よさこい踊って元気になろう

 鳴子の音と掛け声が小粋に響く体育館。時にしなやかに、時に力強い動きで活気あふれる踊りをつくり上げるのは、市原市で活動中のよさこいチーム『飛翠迅(ひすいじん)』だ。メンバーは小学1年生から70代までの約60名。「世代を超えて万人が踊れる。踊りの技術を追求するのではなく、踊ることで踊り手と観客みんなが元気になることが目標。メンバーは家族みたいなもの」と代表の今野(こんの)比佐子さん。
 40曲ものレパートリーを持ち、年に約40回もの施設慰問、イベントや大会への出場をこなす。鳴子を鳴らしながら練り踊りをする高知県のよさこい踊りを軸に、毎年新しいオリジナル曲を生み出し、観客も一緒になって踊る全国各地の総踊り曲などと共に披露している。今年度のオリジナル曲は『花舞道(はなぶどう)』。花は木に咲くものや草花など様々で、それは人も同じ。人が舞う道-つまり過去、現在、未来と人生を表しているという。5月3日には陸前高田市で開催される『さくらまつり』に出演し、かねてから集めていたフリーマーケット売上金全額と募金を被災地に届けてきた。 
 入会して6年目という60代の女性は「初めは難しかったけれど、今は仲間に入って踊れることが楽しくて仕方ない。落ち込んでいても皆に会って踊ると元気になるのです。イベントなどで『元気づけられた』という声を聞くと嬉しくてもっと元気になる。みんな同じ気持ちで頑張っているということが心地いい」と笑顔で話した。
 5月17日には姉崎産業祭、31日は上総更級公園での『ちばYOSAKOIお披露目会』に出演する。練習は木曜が五井小学校で19時から、ジュニア(小学生)対象の金曜は五井中学校で19時から。メンバー募集中で、体験はいつでも大歓迎とのこと。連絡要。

問合せ 飛翠迅窓口
TEL 080・5085・1917

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る