よさこい踊って元気になろう

 鳴子の音と掛け声が小粋に響く体育館。時にしなやかに、時に力強い動きで活気あふれる踊りをつくり上げるのは、市原市で活動中のよさこいチーム『飛翠迅(ひすいじん)』だ。メンバーは小学1年生から70代までの約60名。「世代を超えて万人が踊れる。踊りの技術を追求するのではなく、踊ることで踊り手と観客みんなが元気になることが目標。メンバーは家族みたいなもの」と代表の今野(こんの)比佐子さん。
 40曲ものレパートリーを持ち、年に約40回もの施設慰問、イベントや大会への出場をこなす。鳴子を鳴らしながら練り踊りをする高知県のよさこい踊りを軸に、毎年新しいオリジナル曲を生み出し、観客も一緒になって踊る全国各地の総踊り曲などと共に披露している。今年度のオリジナル曲は『花舞道(はなぶどう)』。花は木に咲くものや草花など様々で、それは人も同じ。人が舞う道-つまり過去、現在、未来と人生を表しているという。5月3日には陸前高田市で開催される『さくらまつり』に出演し、かねてから集めていたフリーマーケット売上金全額と募金を被災地に届けてきた。 
 入会して6年目という60代の女性は「初めは難しかったけれど、今は仲間に入って踊れることが楽しくて仕方ない。落ち込んでいても皆に会って踊ると元気になるのです。イベントなどで『元気づけられた』という声を聞くと嬉しくてもっと元気になる。みんな同じ気持ちで頑張っているということが心地いい」と笑顔で話した。
 5月17日には姉崎産業祭、31日は上総更級公園での『ちばYOSAKOIお披露目会』に出演する。練習は木曜が五井小学校で19時から、ジュニア(小学生)対象の金曜は五井中学校で19時から。メンバー募集中で、体験はいつでも大歓迎とのこと。連絡要。

問合せ 飛翠迅窓口
TEL 080・5085・1917

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る