公平中立な公開討論会を市長選で開催!政治をもっと身近にし、市民との『まちづくり』につなげる

写真上 磯貝さん(左)、佐藤さん

 来月行われる市原市長選挙に向け、5月22日(金)の19時から、市原市市民会館で立候補者出演の公開討論会が行われる。主催は一般社団法人市原青年会議所(以下市原JC)。
 青年会議所は、明るい豊かな社会の実現を理想とし事業を展開する、青年有志により国際的にも組織された団体だ。20歳~40歳までのメンバーで構成され、日本では公益社団法人日本青年会議所が中心となり、全国それぞれの地域に設立されたJCによって、青少年育成、スポーツ振興、ボランティア、まちづくりなどの活動が展開されている。
 公開討論会は、まちづくり事業のひとつで、市原JCでは4回目の開催となる。テーマは『政策本意による政治選択』。「真剣に自分たちの街を考えて、選挙に参加しようと多くの市民に呼びかける。そのきっかけ作りでもありますね」と理事長の磯貝元洋さんは言う。「根底には、まちづくりの主体は市民である、という考えがあります。10年後の自分たちの街をより良いものとするには、じつは今生活している私たちにも関わりがある。未来のために、市民が政治に参加する『選挙』で、ひとりでも多くの人に投票へ行って欲しい。それには、候補者の声をきちんと市民に届けて、関心を持ってもらう必要があります。市民参加の公開討論会は、そのための『仕掛け』とも言えます」。
 他地域の青年会議所でも公開討論会は多数実施されている。それぞれプログラムは違い、より市民が参加しやすいように、候補者の政策が分かりやすいようにと、年々工夫されてきている。例えば、会場の参加者・候補者に○と×の札を持ってもらい、主催者側の質問に対し同時に挙げてもらう、という形がある。この場合、候補者が○を出していても、会場の参加者の圧倒的多くが×となり、候補者を驚かせることもあるという。その場で市民の声が候補者に届く仕掛けなので、当選後の政策へ生かしてもらおう、という狙いも含まれている。また、この結果を受けての候補者の政策説明によって、参加者の判断もしやすくなることが期待できるという。
 今回の公開討論会実行委員会委員長である佐藤圭悟さんは、「ライブである、というのも重要だと思っています。こちらは市民の側に立って、市民のためになる討論会を目指していますので、市民目線で突っ込んでやっていこう!というのが基本。質問は意地の悪いものも含まれます。その場で返答を求められますから、ごまかしはききませんし、人柄も出る。理想としては、候補者も参加者も、楽しい緊張感ある討論会にすることですね」と話す。討論会は、公平中立の観点から、特定の候補者を応援するような服装、グッズの持ち込みなど厳禁。入り口で荷物チェックし、見つけた場合は預かりとなる。会場内では罵声、コーディネーターが促す場合をのぞいた拍手も禁止だ。
 さらに会場には定点カメラを設置し、日本青年会議所が運営するwebサイト『e―みらせん』に動画をUPする予定。『e―みらせん』は『インターネット』と『未来の選択』を繋げたサイト名で、「いいね!」の意もこめられている。このサイトでは、市議会議員選挙などで、候補者の政策を比較して聴けるように、同じ質問に対し同じ時間で答えてもらうという動画もある。全国各地、それぞれの候補者の政策説明が選挙終了までUPされるが、公平性を重視しているため、制限時間が来ると説明の途中でも映像が切れる、というのが特徴だ。各地域には、特性もあるが全国的に共通の問題点もある。自分たちのまちづくりや選挙を考えるに当たり、参考になることもあるかもしれない。
「現段階では、公開討論会の動画UPのみ決定しています。これを承諾した候補者のみ、討論会に出席していただきました。当日会場にお越しになれない方にも、この動画で候補者の政策を知ってもらえればいいですね。また、若年層の選挙離れ、低投票率が問題になっていますので、これらJCの事業を通し、政治への無関心を減らしていければと願っています。私たちも同世代として良き伝達者でありたいと思います」と佐藤さん。磯貝さんも「まちおこし・まちづくりは『人おこし』という認識を市原JCでは重視しています。若い世代が政治に関心を持ってもらうことも、『人おこし』。私たちが行う各事業には、どれもその意味が含まれています」と言う。
 討論会の後、市原JCが行う大きな行事はふたつだ。まずは青少年育成で、クオードの森で8月に行われる子どもたちのキャンプ。サポートするボランティアにも大学生から20代を募集する。次はまちおこしとしての国府祭りの大綱引だ。市民が集まって盛り上がるイベントにしたいと始め、今年で3回目になる。「大綱引は定着させたい、と思っています。市原の各地域から多くの市民が参加する、市原の伝統行事になるのが夢ですね」と磯貝さん。
 これからの市原のまちづくりについて、方向性を決める市長選。公開討論会の参加は無料なので、私たちの未来のためにも、積極的に足を運んでみてはどうだろうか。詳細は本紙4ページにてお知らせする。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  2.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  3.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  4.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  5.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  6.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  7.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…
  8.  現在、茂原市立美術館・郷土資料館では新たな『茂原市史』を編纂しており、歴史に関わる様々な情報を募集している。「茂原市は、茂原町、鶴枝村…
  9.  平成29年に県指定文化財として登録された椎津城跡は、足利氏・武田氏・里見氏・北条氏らが争奪をくり返した中世の城郭で、房総の戦国史におい…
  10.  アジアを代表する美の祭典『ミセスアジア』への第一歩となる『ミセスジャパン』の地区予選大会が、5月19日、東金市の最福寺において開催され…

ピックアップ記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ショートテニス三和 (月)13~16時 三和コミュニティ 会費:半年5,000円 見学、体験大歓迎 貸しラケットあり 菊池 …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る