今の課題がきっと未来の誰かを救う

 4月26日(日)、市原市市民活動センターでは市原市男女共同参画社会を進める市民の会主催で、大網白里市で不動産総合管理会社を経営する野老真理子さん(56)を講師に講演が開かれた。「女手ひとつで育ててくれた母が興した会社を、顧客数500人から6500人にまで増やしました。決して右肩上がりばかりではないけれど、人も地域も幸せにすることをモットーに入社33年が経とうとしています」と話す野老さんは、女性や障がい者、外国人などマイノリティな人々が組織や社会の中でどう確立していけばよいかを、なにより考えている。
 1日1時間の清掃をすることで社外に渡っても環境整備を行い地域に貢献してきた。そして貢献活動にとどまらず社員からあがった案を取り入れて始まった地域活動はすでに280にも及ぶ。1人1人をしっかりと見つめて何が得意なのかを考えてみる。地域の主婦が交代で料理の腕をふるっている『ワンデイ・レストラン』は、8年が経過した。独立して店を構えた主婦は3組。子連れ出勤が可能な同企業。社内に保育園が併設されて預けるわけではない。机の上や足の下に赤ん坊がいる中、みんなで仕事をするのだ。「労働の本質は喜びだと思う」と笑う野老さんに、訪れた約45名の聴講者からは「色々な企画を思いつくきっかけを教えてください!」など真剣な質問が飛んでいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る