バスケットボールの街を目指して
市原市バスケットボール協会

 当協会は昭和43年4月、近隣の企業チームが中心で発足しました。年ごとに市内高校のOB、OGチームの参加もあり、10年目には登録も倍近くの男子20チーム・女子9チームとなりました。協会組織の役員、審判部、競技部に中学校、高校部会が加わり、ルールや審判技術の向上、指導者の育成に取り組むとともに、協会主催行事として中学生の普及強化を図るため、昭和54年に麻薙杯中学一年生大会とその後、積田杯を開催しました。
 昭和55年には、小学校でミニバスの普及とともにミニバス部会も協会組織に参加。市内の子どもたちの育成とバスケ仲間の絆をひとつにしようと、昭和59年にミニバスから中学高校・一般男女が参加し、第一回市原市バスケットボール祭が開催されました。また、平成11年から参加している小学生市原少年の翼(台湾、韓国ミニバス遠征)は、子どもたちの大きな刺激となり、中学校ではさらに県代表や日本代表に選抜される選手に育っています。
 こうして育った子たちが一般社会人となり、それぞれのチームで市内大会を盛り上げ力を付けた今、市原選抜は昨年度の県民大会において男子は念願の初優勝、女子は準優勝となり、3年連続でバスケットボール競技の部で総合優勝(男女ともに入賞)を果たしました。
 現在、ミニバスケットボールは男子18チーム女子30チーム、中学校は男子17チーム女子21チーム、高校は男子8チーム女子7チーム、一般登録は男子40チーム女子10チーム、シニア7チームで加盟登録されています。特に小学生のミニバスケットボール大会は、少子化で難しい局面はありますが、各部会ひとつになり、これからも「バスケットボールの街、市原」を目指して協会運営を進めていきますので、ご理解、ご協力を御願い致します。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る