バスケットボールの街を目指して
市原市バスケットボール協会

 当協会は昭和43年4月、近隣の企業チームが中心で発足しました。年ごとに市内高校のOB、OGチームの参加もあり、10年目には登録も倍近くの男子20チーム・女子9チームとなりました。協会組織の役員、審判部、競技部に中学校、高校部会が加わり、ルールや審判技術の向上、指導者の育成に取り組むとともに、協会主催行事として中学生の普及強化を図るため、昭和54年に麻薙杯中学一年生大会とその後、積田杯を開催しました。
 昭和55年には、小学校でミニバスの普及とともにミニバス部会も協会組織に参加。市内の子どもたちの育成とバスケ仲間の絆をひとつにしようと、昭和59年にミニバスから中学高校・一般男女が参加し、第一回市原市バスケットボール祭が開催されました。また、平成11年から参加している小学生市原少年の翼(台湾、韓国ミニバス遠征)は、子どもたちの大きな刺激となり、中学校ではさらに県代表や日本代表に選抜される選手に育っています。
 こうして育った子たちが一般社会人となり、それぞれのチームで市内大会を盛り上げ力を付けた今、市原選抜は昨年度の県民大会において男子は念願の初優勝、女子は準優勝となり、3年連続でバスケットボール競技の部で総合優勝(男女ともに入賞)を果たしました。
 現在、ミニバスケットボールは男子18チーム女子30チーム、中学校は男子17チーム女子21チーム、高校は男子8チーム女子7チーム、一般登録は男子40チーム女子10チーム、シニア7チームで加盟登録されています。特に小学生のミニバスケットボール大会は、少子化で難しい局面はありますが、各部会ひとつになり、これからも「バスケットボールの街、市原」を目指して協会運営を進めていきますので、ご理解、ご協力を御願い致します。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る