体協通信

バスケットボールの街を目指して
市原市バスケットボール協会

 当協会は昭和43年4月、近隣の企業チームが中心で発足しました。年ごとに市内高校のOB、OGチームの参加もあり、10年目には登録も倍近くの男子20チーム・女子9チームとなりました。協会組織の役員、審判部、競技部に中学校、高校部会が加わり、ルールや審判技術の向上、指導者の育成に取り組むとともに、協会主催行事として中学生の普及強化を図るため、昭和54年に麻薙杯中学一年生大会とその後、積田杯を開催しました。
 昭和55年には、小学校でミニバスの普及とともにミニバス部会も協会組織に参加。市内の子どもたちの育成とバスケ仲間の絆をひとつにしようと、昭和59年にミニバスから中学高校・一般男女が参加し、第一回市原市バスケットボール祭が開催されました。また、平成11年から参加している小学生市原少年の翼(台湾、韓国ミニバス遠征)は、子どもたちの大きな刺激となり、中学校ではさらに県代表や日本代表に選抜される選手に育っています。
 こうして育った子たちが一般社会人となり、それぞれのチームで市内大会を盛り上げ力を付けた今、市原選抜は昨年度の県民大会において男子は念願の初優勝、女子は準優勝となり、3年連続でバスケットボール競技の部で総合優勝(男女ともに入賞)を果たしました。
 現在、ミニバスケットボールは男子18チーム女子30チーム、中学校は男子17チーム女子21チーム、高校は男子8チーム女子7チーム、一般登録は男子40チーム女子10チーム、シニア7チームで加盟登録されています。特に小学生のミニバスケットボール大会は、少子化で難しい局面はありますが、各部会ひとつになり、これからも「バスケットボールの街、市原」を目指して協会運営を進めていきますので、ご理解、ご協力を御願い致します。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る