多くの観客に祝われて花嫁まつり

 安産の神様として崇敬される、高滝神社の春の祭礼で行われる花嫁まつり。この1年間、地域で結婚した花嫁がお参りし、家内安全などを祈願する。以前は仲人ともに参詣する形だったが、現在は夫婦で参加、3歳?9歳位の子どもたちによる稚児行列も行われる。今年は4月19日(日)の午後、3組の夫婦と24組の子どもたちと保護者が、多くの観客たちに祝われながら参拝、祈願した。
 花嫁の高滝神社参りは戦前からあり、戦後に春の神事に合わせてお参りするようになって、花嫁祭りとして定着したという。特に近年は多くのカメラマンや観客が集まり、当日はとても賑やか。緑深まる古社で、花婿が朱傘をさし、色打ち掛けを着た花嫁とともにゆっくりと参道の階段を上がってくると、参道の両脇から「おめでとう!」の声とともに、シャッターが次々ときられる。どの花嫁・花婿たちも笑顔で応え、神社はお祝いムード一色だった。
 そのあとから、平安風の華やかな着物で家族とともに階段を上がってくるのが稚児の子どもたち。神社の氏子である南総・加茂地区出身の家族が参加するそうだ。子どもたちの可愛い姿も、カメラマンたちは熱心に撮影。花嫁・花婿、稚児の子どもたちと家族はそのまま拝殿へ上がり、静かに祈願が行われ、祭りは終了となる。
 この花嫁祭りで野点を行っている五井の茶道会の方は「もう15年、野点で協力させていただいています。花嫁まつりに参加したご夫婦が、数年経ってお子さんと稚児行列に来ていたりすると、こちらも嬉しくなりますね」と言う。「皆さんに祝われているようでとても嬉しい」と花嫁の家族。稚児行列に参加した親御さんたちも「とてもいい記念。思い出になります」と話した。(米澤)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る