好みの古布でつくる折りたたみバッグ

 収納に便利な折りたたみバッグと可愛いお人形のチャームをつくる『リメイクを楽しむ』講座が、4月から5月にかけ、全3回の日程で五井公民館で行われた。講師は手芸家の中西利江さん。18名の参加者は、自宅から木綿やデニム、薄手ウールなどのややしっかりとした好みの布を持参し、制作した。
 このバッグの特徴は、本体が蛇腹折りで、コンパクトに収納できること。最初の型紙から布に山折り谷折りの印をつけ、アイロンで抑える作業で仕上がりが変わるため、「きれいにたためるようにするのが、少し難しくて手間取った」という参加者も。わとなった底に接着芯を貼った布、ファスナーをつける見返し内側にベルト芯を縫いつけるまでが、1日目の工程。
 取材した2日目は、ファスナーの縫いつけと、持ち手を作って本体への縫いつけ、本体の両端縫いの作業で完成まで。「長いファスナーは途中で切って使うこともできます」と中西さん。持ち手の縫いつけでは「本体と直角につけるのが、けっこう難しい」と苦労する人もいた。本体の両端を縫う時には、「内側のタックを手縫いかミシンで端から10センチほど縫うと、きれいに折りたため、型くずれしにくくなります。完成した後から手縫いでもOKですよ」と中西さんがアドバイス。本体を折りたたみ、端部分に布を当て、ベルト芯を外した位置で一緒に縫う。縫い代を切りそろえ、端を包んで裏と脇を裏側でまつれば完成だ。
 すでにひとつめのバッグは自宅で仕上げてきて、二つめのバッグを作ったり、3日目の工程である人形チャームの製作に取りかかる参加者もいた。古いウールのきもの地で雰囲気あるバッグに仕立てた人も。「可愛いバッグなので、家にあるほかの生地でも作りたい」ととても好評だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  2.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  3.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  4.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  5.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  6. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  7. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  8.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る