好みの古布でつくる折りたたみバッグ

 収納に便利な折りたたみバッグと可愛いお人形のチャームをつくる『リメイクを楽しむ』講座が、4月から5月にかけ、全3回の日程で五井公民館で行われた。講師は手芸家の中西利江さん。18名の参加者は、自宅から木綿やデニム、薄手ウールなどのややしっかりとした好みの布を持参し、制作した。
 このバッグの特徴は、本体が蛇腹折りで、コンパクトに収納できること。最初の型紙から布に山折り谷折りの印をつけ、アイロンで抑える作業で仕上がりが変わるため、「きれいにたためるようにするのが、少し難しくて手間取った」という参加者も。わとなった底に接着芯を貼った布、ファスナーをつける見返し内側にベルト芯を縫いつけるまでが、1日目の工程。
 取材した2日目は、ファスナーの縫いつけと、持ち手を作って本体への縫いつけ、本体の両端縫いの作業で完成まで。「長いファスナーは途中で切って使うこともできます」と中西さん。持ち手の縫いつけでは「本体と直角につけるのが、けっこう難しい」と苦労する人もいた。本体の両端を縫う時には、「内側のタックを手縫いかミシンで端から10センチほど縫うと、きれいに折りたため、型くずれしにくくなります。完成した後から手縫いでもOKですよ」と中西さんがアドバイス。本体を折りたたみ、端部分に布を当て、ベルト芯を外した位置で一緒に縫う。縫い代を切りそろえ、端を包んで裏と脇を裏側でまつれば完成だ。
 すでにひとつめのバッグは自宅で仕上げてきて、二つめのバッグを作ったり、3日目の工程である人形チャームの製作に取りかかる参加者もいた。古いウールのきもの地で雰囲気あるバッグに仕立てた人も。「可愛いバッグなので、家にあるほかの生地でも作りたい」ととても好評だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る