好みの古布でつくる折りたたみバッグ

 収納に便利な折りたたみバッグと可愛いお人形のチャームをつくる『リメイクを楽しむ』講座が、4月から5月にかけ、全3回の日程で五井公民館で行われた。講師は手芸家の中西利江さん。18名の参加者は、自宅から木綿やデニム、薄手ウールなどのややしっかりとした好みの布を持参し、制作した。
 このバッグの特徴は、本体が蛇腹折りで、コンパクトに収納できること。最初の型紙から布に山折り谷折りの印をつけ、アイロンで抑える作業で仕上がりが変わるため、「きれいにたためるようにするのが、少し難しくて手間取った」という参加者も。わとなった底に接着芯を貼った布、ファスナーをつける見返し内側にベルト芯を縫いつけるまでが、1日目の工程。
 取材した2日目は、ファスナーの縫いつけと、持ち手を作って本体への縫いつけ、本体の両端縫いの作業で完成まで。「長いファスナーは途中で切って使うこともできます」と中西さん。持ち手の縫いつけでは「本体と直角につけるのが、けっこう難しい」と苦労する人もいた。本体の両端を縫う時には、「内側のタックを手縫いかミシンで端から10センチほど縫うと、きれいに折りたため、型くずれしにくくなります。完成した後から手縫いでもOKですよ」と中西さんがアドバイス。本体を折りたたみ、端部分に布を当て、ベルト芯を外した位置で一緒に縫う。縫い代を切りそろえ、端を包んで裏と脇を裏側でまつれば完成だ。
 すでにひとつめのバッグは自宅で仕上げてきて、二つめのバッグを作ったり、3日目の工程である人形チャームの製作に取りかかる参加者もいた。古いウールのきもの地で雰囲気あるバッグに仕立てた人も。「可愛いバッグなので、家にあるほかの生地でも作りたい」ととても好評だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る