元気いっぱい 手作り遊園地

 親子の触れ合いを応援する『こどもフェスタ2015』が市原市子育て支援員協議会(会長押元久子さん)と市原市主催で開催された。6月6日、youホールの多目的スペースは開始前からオープニングイベントを待つ親子でぎっしり。子どもたちは舞台にアンパンマンが登場すると立ち上がり一緒に踊った。
 『1日かぎりの手づくり遊園地』をテーマとした同イベントはペットボトルを利用した輪投げ、紙の魚釣り、お面や紙ロケットの工作など全て市内11支部の子育て支援員164人による手作り。子どもたちは、発砲スチロールのお椀が動く『ころころおもちゃ』を作り「おばけ」と喜び、バルーンアートをもらい「ありがとう」と元気にお礼を言った。ロビーではアンパンマン、ばいきんまん、チーバくんと記念撮影。イラストやフードモデルで食の大切さを提示した食育コーナーではジュースに含まれる砂糖の量を示した写真に驚く母親もいた。
 2階の体育室に行くと、動物のトンネルや柔らかな桜紙の入ったプールが待っている。カラフルに飾った段ボール迷路にドキドキ、農業用資材で作った大きなビニールドームの不思議な空間にワクワク。新聞紙を切ったシャワーを何度も上に投げ、全身に浴びる子どもいた。保護者も「手作りであたたかい」、「一緒に楽しめる」と笑顔。今年新たに設けられた、ぬり絵と読み聞かせスペースも人気だった。
 毎年来場者が多く、今年は就学前の子どもと保護者に限定したが昨年を上回る1200人が訪れた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る