楽しく陽気にステップ踏んで

 縦・横に列を作り、皆が同じ方向を向いて同じステップを踏むアメリカ生まれのカントリーラインダンス。「指導者、参加者ともに勉強しながら、みんなで一緒に楽しめるようなサークルにしたい」。『カントリーラインダンス袖ヶ浦』を昨年1月に立ち上げた中野始さんは笑顔でそう話す。長年やってきたのはフォークダンスだが、1人でも踊ることができて他人に気を使わなくてすむものを、と考えカントリーラインダンスに行き着いた。初心者向けのクラスは体操(スロートレーニングとイメージトレーニング)と簡単なラインダンスの二部構成。
 体操は、日本武道の型や様々なダンスの動きを採り入れた中野さんのオリジナルで、バックミュ
ージックの波の音に何となく合わせながら太極拳のようにゆっくりと、身体、手足を左右、前後に揺らす。ゆっくりとした動きは筋肉にほどよく負荷がかかり、じわっと汗ばんでくる。
 後半は、陽気なカントリー・ミュージックに合わせて5、6曲、軽快なステップを踏む。8カウントごとに90度ずつ右に向きを変えていくのが同ダンスの特徴。取材した日は、新しくリトル・ルンバのステップを覚えた。「年齢に関係なく、盆踊りのように誰でもパッと入って踊れるのが魅力。慣れてきたら、手の振りを加えて独自の個性を出すこともできます」と中野さん。このクラスの参加者は8名。「のりやすい音楽がいい。楽しい」、
「肩こりが楽になった」と皆さん。

毎週(金)10~12時、袖ケ浦市の福王台自治会館。11~12時、長浦公民館。入会金無料。月会費千円。
問合せ 中野さん
TEL 080・1010・4418
E-mail cldsodegaura@gmail.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る