テリハノイバラ 力強い美しさ

 風薫る清々しい初夏、庭先には色とりどりの美しいバラの花が咲き飾ります。庭先の美しい栽培品種バラには劣りますが、野原や野山などでは、ひっそりと素朴に咲く野生種のバラを見ることができます。
 日本に自生する野生種のバラは約10数種類あると言われており、そのうち市原市に自生しているものとして文献で確認されているのは、アズマイバラ、ノイバラ、テリハノイバラの3種類です。今回、ご紹介するのはテリハノイバラです。
 テリハノイバラは、本州から九州に分布するバラ科バラ属のつる性の低木。浜辺、河川敷、野原など日当たりが良い場所に生育します。茎にはトゲがあり直立せず、地を這うように伸びます。花期は6?7月、芳香のある5枚の花弁をつけ、葉は縁が細かい鋸歯状で、葉の表面はロウを塗ったように光沢があり、それがテリハ(照葉)の名前が付いた由来と言われています。花後には赤い球形の実をつけます。
 テリハノイバラをはじめて見たのは約10年前、養老川河口の河川敷にある低い木立の南側の日当りの良いところでした。香水のような匂いに何かと思い周囲を見回したところ、一輪の白い花から発せられていることに気がつきました。
 はじめはノイバラかと思いましたが調べたところテリハノイバラと分かりました。その時確認できたのは数株、川の増水時には水に浸る場所のため、地形の変化などわずかな生育環境の変化により絶滅するかもしれないと思いました。先日、観察に行ったところ、同じ場所に数株あるのが確認でき安堵したとともに野生種の力強い美しさを感じました。

(ナチュラリストネット/時田良洋)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る