フォークの時代 山里 吾郎

 1947年4月、団塊世代第1期の生まれ。戦後の混乱期が終わり、民主主義とは言えない資本主義が急激に根を張り始めた頃に多感な高校、大学時代を過ごした▼ポップスやGS(グループサウンズ)が流行る一方で、若者たちがのめり込んだフォークソング。音楽もまた、多様な時代だった▼ロックアウトされた大学。行き場を失い漂流する学生たち。フォークの旋律はそんな若者の魂を強烈に揺さぶった▼前置きが長くなったが、そんな青春のノスタルジーを想い起こすコンサートに出掛けた。6月20日、市原市民会館で行われた森山良子「フォークソングの時代」。取り立ててファンということではないが、あの美しい声で奏でるフォークの名曲を聴きたかった▼森山は1948年1月生まれ。デビュー時は日本のジョーンバエズと呼ばれた。本人はジャズ志向だったようだが時代の閉塞感がフォークを渇望。ギター一本の弾き語りがジョーンバエズを連想させた▼19歳でレコードデビューした森山も実際、反戦的な色合いの濃い「風に吹かれて」「花はどこへ行った」などフォークの代表曲を歌っていた。今回のコンサートでも、売られていく仔牛を歌った「ドナドナ」を弾き語り。美しい声と物悲しい旋律が会場を静寂で包んだ▼もう一つ、われわれフォーク世代が森山を語る時、忘れえない曲がいくつかある。まずデビュー曲の「この広い野原いっぱい」は溢れる愛を語り、「涙そうそう」は若くして死んだ兄を想い森山自身が詞をつけた。そしてフィナーレの「さとうきび畑」。長い歌と「ざわわざわわ」の繰り返しが深いうねりとなって聴く人の胸を打つ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る