フォークの時代 山里 吾郎

 1947年4月、団塊世代第1期の生まれ。戦後の混乱期が終わり、民主主義とは言えない資本主義が急激に根を張り始めた頃に多感な高校、大学時代を過ごした▼ポップスやGS(グループサウンズ)が流行る一方で、若者たちがのめり込んだフォークソング。音楽もまた、多様な時代だった▼ロックアウトされた大学。行き場を失い漂流する学生たち。フォークの旋律はそんな若者の魂を強烈に揺さぶった▼前置きが長くなったが、そんな青春のノスタルジーを想い起こすコンサートに出掛けた。6月20日、市原市民会館で行われた森山良子「フォークソングの時代」。取り立ててファンということではないが、あの美しい声で奏でるフォークの名曲を聴きたかった▼森山は1948年1月生まれ。デビュー時は日本のジョーンバエズと呼ばれた。本人はジャズ志向だったようだが時代の閉塞感がフォークを渇望。ギター一本の弾き語りがジョーンバエズを連想させた▼19歳でレコードデビューした森山も実際、反戦的な色合いの濃い「風に吹かれて」「花はどこへ行った」などフォークの代表曲を歌っていた。今回のコンサートでも、売られていく仔牛を歌った「ドナドナ」を弾き語り。美しい声と物悲しい旋律が会場を静寂で包んだ▼もう一つ、われわれフォーク世代が森山を語る時、忘れえない曲がいくつかある。まずデビュー曲の「この広い野原いっぱい」は溢れる愛を語り、「涙そうそう」は若くして死んだ兄を想い森山自身が詞をつけた。そしてフィナーレの「さとうきび畑」。長い歌と「ざわわざわわ」の繰り返しが深いうねりとなって聴く人の胸を打つ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る