魂を込めて、全力で一枚を描く

 今夏、市原市新堀にある桶屋一穂庵『農民ぎゃらりぃ竹里館』で開催される禅画展。主催者で禅画家の鶴岡耕雲さん(66)が、禅宗初祖の達磨の姿を描き始めて15年が経った。「墨を使うのは水墨画と同じですが、禅画は墨を使って仏を描きます。自分なりの作風にしようと、色を付けたり禅語や漢語を脇に添えたりもしています」と鶴岡さん。自身が子ども時代を過ごした生家で暮らすようになって8年。今年1月に母多恵さんが亡くなり、新盆である今夏に「母への贈り物として禅画展を開催することにした」という。『ぎゃらりぃ竹里館』は鶴岡さんの手により再生された建物で、中には至る所に作品が飾られている。巨大な3枚の絵には笑顔の達磨も多いが、すさまじい形相の達磨の眼力には、思わずすくみあがるほどの気迫を感じる。だが、どこか見ているとすがすがしさを覚えるのは、「ここの暮らしはとても幸せに満ちていて、心が落ち着くんです。
 それに、禅画は苦しい時に書くものではなく、リラックスするためのものですから」と話す鶴岡さんの心を映しているからだろうか。そして、「近年、人を悼む気持ちは変わってきています。私は母の新盆では、一般に行われるような飲み食いをするのではなく、静かに線香をともしてもらいたいんです」と心の内を話してくれた。開催期間中は、木や短冊、扇子に書かれた禅画も見ることができる予定なので、達磨を眺めてふっと心を穏やかにしみてはいかが。入場は無料。期間は8月1日から15日まで。時間13時から19時。13日から15日は21時まで。

問合せ 鶴岡さん
TEL 0436・36・4004
(市原市新堀40‐3)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る