魂を込めて、全力で一枚を描く

 今夏、市原市新堀にある桶屋一穂庵『農民ぎゃらりぃ竹里館』で開催される禅画展。主催者で禅画家の鶴岡耕雲さん(66)が、禅宗初祖の達磨の姿を描き始めて15年が経った。「墨を使うのは水墨画と同じですが、禅画は墨を使って仏を描きます。自分なりの作風にしようと、色を付けたり禅語や漢語を脇に添えたりもしています」と鶴岡さん。自身が子ども時代を過ごした生家で暮らすようになって8年。今年1月に母多恵さんが亡くなり、新盆である今夏に「母への贈り物として禅画展を開催することにした」という。『ぎゃらりぃ竹里館』は鶴岡さんの手により再生された建物で、中には至る所に作品が飾られている。巨大な3枚の絵には笑顔の達磨も多いが、すさまじい形相の達磨の眼力には、思わずすくみあがるほどの気迫を感じる。だが、どこか見ているとすがすがしさを覚えるのは、「ここの暮らしはとても幸せに満ちていて、心が落ち着くんです。
 それに、禅画は苦しい時に書くものではなく、リラックスするためのものですから」と話す鶴岡さんの心を映しているからだろうか。そして、「近年、人を悼む気持ちは変わってきています。私は母の新盆では、一般に行われるような飲み食いをするのではなく、静かに線香をともしてもらいたいんです」と心の内を話してくれた。開催期間中は、木や短冊、扇子に書かれた禅画も見ることができる予定なので、達磨を眺めてふっと心を穏やかにしみてはいかが。入場は無料。期間は8月1日から15日まで。時間13時から19時。13日から15日は21時まで。

問合せ 鶴岡さん
TEL 0436・36・4004
(市原市新堀40‐3)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る