病院ボランティアは患者のため、地域のため

 千葉県循環器病センター(鶴舞)では、患者の手助けや環境の整備を行うボランティアグループ『鶴マイハートの会』のメンバーが生き生きと働いている。平成21年に発足し、現在の登録者数は22名。車椅子での散歩介助や患者の話し相手をする傾聴ボランティアなどがあり、看護師や職員だけでは手が足りない部分を補っている形だ。玄関脇の花壇で来院者の目を楽しませている色とりどりの花もボランティアスタッフの手によるもの。「綺麗な花は闘病中の患者さんに元気を与える。治療効果が上がっているのが実感できます」と同センターの元看護師だったボランティアの女性。花壇の手入れの他に草取り、ゴミ拾いなども行っている。受付機のそばで操作案内をしつつ来院者との交流を図っている女性は「自分もヘルニアを患った苦い経験がある。少しでも患者さんの役に立ちたいと思い登録した。痛みや辛いことがあるときは人に聞いてもらうと気が休まるものです」と話した。
 「楽しんでやっています」とボランティアスタッフは口を揃える。地域住民にとって不可欠な存在である病院。ボランティアの力で支えることは医療の充実にもつながるのではないだろうか。ボランティア仲間、随時募集中。

(問)千葉県循環器病センターボランティア運営委員会
 ☎0436・88・3111

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る