警察官直伝 護身術

 普段通りの生活をしていても思いがけない危険に巻き込まれることがある。今年5月までの市原市の犯罪発生件数は1042件。昨年同時期に比べ減少しているが「自分は絶対に大丈夫だと思わないでほしい。常に用心を怠らず、慎重に行動して」と話したのは千葉県市原警察署術科教師の土橋通雄さん(59)。6月29日、千種コミュニティセンター主催事業『護身術を学ぶ』で講師を務めた。サポートをしたのは毎週水曜日に同センターにて移動交番を開設する警察官である。
参加者の男女20人は準備体操を終えたあと、すぐに二人一組になって犯人役と逃げる役になって実技を行った。犯人役と対面し、片手で手首を取られたときはひじを軽く曲げ、相手の親指と他の指の間から一気に抜く。自分の両手を握り、上に返すように外すのも効果的。少し相手に近づき、ひじを曲げると力がはいりやすい。上腕をつかまれたときは水泳のクロールをする要領で腕全体を外側上方から相手の手を払い落とす。
 後ろから腕を首に回されたら、両手でつかみあごを引いて首に直接手がかからないようにし、腰を落とし犯人側に体を向けて抜ける。壁に押し付けられ首を絞められそうになったときは利き手を真上にあげ腕全体で相手の手を払うようにする。または両手で相手の親指だけつかみ外側に開くなど。いずれも手や腕だけではなく下半身も使い、全身で行う。コツを知っていれば弱い力でも逃れられるそうだ。
警察官の奥田さんと山谷さんに手助けされ、参加者はゆっくりと技をかけあい、「あら、抜けた」、「意外と力が要らない」と言いながら楽しそうに動きを繰り返す。壁に押し付けられる場面では「壁ドンだな」と冗談をいう余裕のある男性もいたが、なかにはリアルな状況を想像し、「相手に一歩近づくのは恐怖感がある」、「首を絞められる形になるのが怖く試せない」という女性もいた。
 本当に危険に直面したとき実践するのは習熟していないと難しい。「とにかく一瞬のスキを作って全速力で逃げることが大事」。指で相手の喉を突く、手のひらの固いところで鼻を突くなど急所を狙う方法もある。「バッグ、傘や靴などでも防御できる。ただし、持ち物に気を取られると逃げ遅れる。ハイヒールは脱いで走って」とのこと。さらに大声を出して助けを求める練習もした。「わー」、「助けて」など参加者たちが思い思いに発声すると、土橋さんは「まだまだ」とお腹の底から声を出すように促した。その音量は同センターの事務室から不審者が出たのかと問い合わせが来るほどだった。
 「警察は手助けできるが、身代わりはできない。すべての災難から身を守るのは自分。今日学んだことを実践して」と土橋さん。「護身術の狭い意味は暴漢から逃れる術。広い意味はあらゆる交通事故、犯罪、災害などから身を守ること。最近増えている特殊詐欺、いわゆるオレオレ詐欺にも気を付けて。移動交番も活用してほしい」と付け加えた。ちなみに福岡市のウェブサイトにある護身術マニュアルが参考になる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  2.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  3.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  4.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  5.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  6.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  7.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  8.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  9.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…
  10.  パークゴルフは1983年(S58年) 北海道幕別町の公園で発祥したスポーツです。クラブ1本で、ボールをティーグランドからプレーしてカップに…

ピックアップ記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る