残暑に負けないメニューはこれだ

 8月8日(土)、戸田コミュニティセンター主催で『夏をのりきる食事』講座が行われ、受講者は『鰹のラビゴットソース』、『かぼちゃのカレー焼き』、『豆乳タンタン麺』、『甘酒かん』の4種に挑戦した。講師の木村みどりさんは、「夏は、暑いからと冷房が効き過ぎていることも多く、身体が冷えがちです。甘酒は冬のイメージが強いですが、麹が入っているので夏場にいいんです。俳句でも夏の季語として使われているんですよ」と話す。
 メインの『豆乳タンタン麺』の作り方は以下。素麺は1人1輪50g、量を増やすために金糸瓜を使用。3、4㎝の輪切りにして綿を出し、皮をむいて熱湯でゆでる。3分ほどゆでたら流水につけながらばらばらにほぐす。これには、「初めて!一度こういう所でやってみないと、いきなり買う勇気がないですよね」と話し、代わる代わる試すほど人気の野菜に。
 そして、中華鍋で豚ひき肉200gを炒め、醤油大さじ2、酒大さじ1、味噌大さじ1、豆板醤小さじ2、砂糖小さじ1を加える。ネギやザ―菜などをみじん切りにし、ボールに醤油大さじ4、酢大さじ1、ラー油大さじ1に豆乳500gを加えて混ぜる。
 そうめんをたっぷりのお湯でゆで、金糸瓜と豚ひき肉の具をのせて、豆乳の汁をかければ完成。「思ったよりも金糸瓜って固くないんですね」、「甘酒かんに入れるショウガがとってもいい匂い!」など、好奇心と食欲をそそるメニューばかり。食べ慣れたそうめんも、新しい味でより食べやすくなるかも。いざ、残暑も乗り切ろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る