認知症になっても安心して暮らせる街に

 8月6日に市津公民館で主催講座、『認知症を支える~認知症サポーター養成講座』が行われ、10名が参加した。講師は千葉県認知症ケア専門士市原支部『縁(ゆかり)の会』の久保征子(ゆきこ)さんと永野久美子さん。
 認知症は、誰もがかかる可能性のある脳の病気だ。症状に最初に気づくのは本人。もの忘れによってできなくなることが多くなり「何かおかしい」と感じるが「認めたくない」という思いが周りの人を困らせる。家族はおかしな行動の連続に、とまどいや怒り、拒絶といった感情を抱いてしまう。「できないことばかりに目を向けず、できることに目を向けて」と永野さん。穏やかに笑顔で接することが大切だ。介護者は、頑張っている自分を褒め、外出するなど上手なストレス解消法を見つけるとよい。市内玉前にある『認知症カフェかさね』は、認知症の人や介護者が安心して集える場。話をするだけでも気が楽になるのでは。
 同講座を受講すると配布されるオレンジリングは認知症サポーターとなった証。永野さんは「スーパーのレジでお金の出し方に困っている人がいたら声をかけてあげる、そんなちょっとしたことでいい。できることから始め、地域で認知症を支えていけたら」と話した。(礒川)

問合せ カフェかさね
TEL 0436・21・3733

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る