体験学習で縄文時代を身近に

 石を削って刃物や武器を作り、木の実や貝を土器で煮て食べていた大昔の人々。その暮らしを身近に学ぶ『縄文時代体験教室』が、市津公民館で7月下旬に開催された。参加したのは小中学生21名とその保護者14名。全2回で、初日は勾玉作り、2日目は火おこしと縄文土器での煮炊きなどを行った。
 取材したのは初日。子どもたちは、縄文・弥生時代の本物の土器や石器に触れ、砥石で石を削って勾玉を作った。講師は千葉県文化財課の成田さんら2名。成田さんが持参した土器は、博物館等に並ぶような貴重な品。「縄文土器は地面に穴を掘って立て、周りで火を使ったので、下の部分が黒く焦げているよ」と解説。両手で抱えるように土器を持ち上げた子どもたちは「すごい重い!」と驚き、「これを昔の人が使ってたなんて不思議」と中をのぞきこんだりしていた。
 休憩の後は勾玉作りへ。勾玉は昔の人々がお守りにしたり、祭りや儀式などにも使用したと考えられている。今回は、子どもたちにも作りやすく柔らかい滑石の勾玉。真ん中に溝のある砥石に滑石を当て、真直ぐに動かし、少しずつ削っていく。子どもたちは丸みを帯びた形に苦労しながらも、削っては角度などを確かめ、紙ヤスリも使って、その独特の形を研ぎだした。「ツルツルの石になった!」と喜んだ子どもたちは、革紐をつけてもらい、首飾りに。「ナイロンのジャージなどで磨くと、もっと綺麗な光沢が出るよ」と言われ、「家で磨いてみる!」と嬉しそうに持ち帰った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る