体験学習で縄文時代を身近に

 石を削って刃物や武器を作り、木の実や貝を土器で煮て食べていた大昔の人々。その暮らしを身近に学ぶ『縄文時代体験教室』が、市津公民館で7月下旬に開催された。参加したのは小中学生21名とその保護者14名。全2回で、初日は勾玉作り、2日目は火おこしと縄文土器での煮炊きなどを行った。
 取材したのは初日。子どもたちは、縄文・弥生時代の本物の土器や石器に触れ、砥石で石を削って勾玉を作った。講師は千葉県文化財課の成田さんら2名。成田さんが持参した土器は、博物館等に並ぶような貴重な品。「縄文土器は地面に穴を掘って立て、周りで火を使ったので、下の部分が黒く焦げているよ」と解説。両手で抱えるように土器を持ち上げた子どもたちは「すごい重い!」と驚き、「これを昔の人が使ってたなんて不思議」と中をのぞきこんだりしていた。
 休憩の後は勾玉作りへ。勾玉は昔の人々がお守りにしたり、祭りや儀式などにも使用したと考えられている。今回は、子どもたちにも作りやすく柔らかい滑石の勾玉。真ん中に溝のある砥石に滑石を当て、真直ぐに動かし、少しずつ削っていく。子どもたちは丸みを帯びた形に苦労しながらも、削っては角度などを確かめ、紙ヤスリも使って、その独特の形を研ぎだした。「ツルツルの石になった!」と喜んだ子どもたちは、革紐をつけてもらい、首飾りに。「ナイロンのジャージなどで磨くと、もっと綺麗な光沢が出るよ」と言われ、「家で磨いてみる!」と嬉しそうに持ち帰った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る