ちょっとの工夫で、あら、便利!2015年度グッドデザイン賞受賞

 玄関脇のスペースに並ぶカラフルなクリアホルダー。郵便物からペン、ハサミ、鍵まで玄関に置いておくと便利なものが五十音順にきちんと収納されている。手作りの本箱の中にも、やはりたくさんのクリアホルダー。こちらには地図や写真、光熱費の領収書などが。『クリアホルダーサーチ』を考案した市内在住、桑田信望さん(65)の見事な整理術だ。「実用の場面をよく考えて作られている」と、(公財)日本デザイン振興会主催の『2015年度グッドデザイン賞』を受賞した。A4のコピー用紙が50枚収納できる大きさ。1番の特徴は開口部が上部のみで、資料が脱落しにくいつくりであること。そして着脱が簡単な大きな見出し用紙。全10色あり、わかりやすい分類を実現。仕切りのある棚などに立てて保管でき、取り出したいものをすぐに探すことができる。
 既存のクリアファイル2つの開口部を組み合わせテープで貼るなど、試行錯誤を重ねること3年。鎌ケ谷市にあるビニール加工業者からのアドバイスも取り入れながら製品を完成。5年前に特許を取得した。グッドデザイン賞に選ばれたときは「有名大手企業の製品と並んで、まさか自分の作品が入賞するとは」と家族共々驚いたそう。元農業高校の教員で手作りが得意。「新しいものを生み出す、というのは面白いですね」と笑顔で話す。
 ネット販売中の『クリアホルダーサーチ』。「資料が落ちにくいのがいい。便利」と利用者からの評判も上々だ。

問合せ 桑田さん
TEL 0436・36・6989
メール qwm01212@nifty.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る