ちょっとの工夫で、あら、便利!2015年度グッドデザイン賞受賞

 玄関脇のスペースに並ぶカラフルなクリアホルダー。郵便物からペン、ハサミ、鍵まで玄関に置いておくと便利なものが五十音順にきちんと収納されている。手作りの本箱の中にも、やはりたくさんのクリアホルダー。こちらには地図や写真、光熱費の領収書などが。『クリアホルダーサーチ』を考案した市内在住、桑田信望さん(65)の見事な整理術だ。「実用の場面をよく考えて作られている」と、(公財)日本デザイン振興会主催の『2015年度グッドデザイン賞』を受賞した。A4のコピー用紙が50枚収納できる大きさ。1番の特徴は開口部が上部のみで、資料が脱落しにくいつくりであること。そして着脱が簡単な大きな見出し用紙。全10色あり、わかりやすい分類を実現。仕切りのある棚などに立てて保管でき、取り出したいものをすぐに探すことができる。
 既存のクリアファイル2つの開口部を組み合わせテープで貼るなど、試行錯誤を重ねること3年。鎌ケ谷市にあるビニール加工業者からのアドバイスも取り入れながら製品を完成。5年前に特許を取得した。グッドデザイン賞に選ばれたときは「有名大手企業の製品と並んで、まさか自分の作品が入賞するとは」と家族共々驚いたそう。元農業高校の教員で手作りが得意。「新しいものを生み出す、というのは面白いですね」と笑顔で話す。
 ネット販売中の『クリアホルダーサーチ』。「資料が落ちにくいのがいい。便利」と利用者からの評判も上々だ。

問合せ 桑田さん
TEL 0436・36・6989
メール qwm01212@nifty.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る