カンタン、すぐできる子どもたちに無添加おやつ

 子どもには体にいいものを食べさせたい、でも忙しくて手間をかける余裕がない、とお子さんのおやつ作りに悩むママたちも多いはず。戸田コミュニティセンター主催・子育てママのための『たんぽぽ教室』では、そんなママたちのために、全年齢の子どもが食べられる安心おやつ『無添加お菓子作り』講座を10月2日に実施。自身でも『ベビーハーティサークル』を主宰する尾崎有紀さんが共催し、看護学校の教員をしながら3人を子育て中の石橋園子さんが講師を担当した。『たんぽぽ教室』に参加するママたちは、講座の前にお子さんをセンター内の一室へ預ける。専任の保育ボランティアが子どもたちの面倒を見てくれるので、とても好評だという。
 今回作ったお菓子は『マクロビマフィン』。石橋さんがいつも自宅で作っているという簡単おやつのひとつで、事前にすべての材料は計量済み。石橋さんがおやつを考える時のポイントは「子どもがお腹すいた!と言ってから30分以内に口に入る」という手軽さと、無添加であること。「3人の子どもに、安心できるものを食べさせたくて始めました。いろいろ試行錯誤して、乳製品のアレルギーも大丈夫なおやつを作ってます。今日のマフィンは、一番上の子がチョコを食べたいと言ったとき、一番下の子が0歳だったので、カフェインなし・チョコ風味の『キャロブパウダー』を入れました」。
 材料はマフィン小型10個分。材料Aは薄力粉180g、ココナッツとカシューナッツのパウダー各10g、キャロブパウダー20g、アルミフリーのベーキングパウダー5g。材料Bは、なたね油とビート糖各50g、水200㏄、粗塩をひとつまみ。その他にバナナやりんご、ドライフルーツ、蒸かし芋、蒸したカボチャなどを好みで100g。作業はカンタン。オーブンを180度に温め、マフィンの型を用意。材料AをボウルAに入れ、泡立て器でふわふわと混ぜる。子どもがやってもいいくらいの、さっくりした混ぜ方でOK。フルーツを切り、材料BをボウルBに入れ、泡立て器でしっかり混ぜる。材料Aに材料Bを入れ、ゴムベラでさっくり混ぜ、フルーツも加えてさらにさっくり混ぜる。型に流し入れたら、オーブンで約15分。焼き上がったマフィンを冷まし、出来上がり。
「キャロブなどのパウダーを入れない場合は薄力粉を増やしたり、水を牛乳に変えても大丈夫」と石橋さん。キャロブはイナゴ豆のパウダー。鉄分が多く、女性にもいいという。その他の食材にも「どこで買えますか?」とママたちは興味津々。市内のスーパーでも買えるものがあると聞いて「本当にすぐできたので驚き。優しい味で美味しかったので、さっそく作ります」という参加者もいた。講座は1時間余りで終了、石橋さんは「短時間の方がママたちも気楽に参加できるんです」と、急ぎながらも嬉しそうにマフィンを持ち帰る参加者を見送った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  2. 「茂原七夕まつり」に合わせ、「第4回茂原七夕まつりスリッパ飛ばし選手権」が開催されます。  子どもの頃、「明日天気になーれ」と叫びながら…
  3.  女優オードリー・ヘプバーンについての後半。主な出演作と受賞歴などを時系列でお届けします。  「ローマの休日」1953年(昭和28年)、監…
  4. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  5. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  6. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  7.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  8.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る