季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

世の中は常に矛盾に満ち、様々な事件、事故が絶えない。特にパリ同時多発テロは衝撃だった。卑劣なテロは許されないが、フランスはただちにテロ組織への報復爆撃を開始した。ああまたか、と私は呻いた。それは、米国同時多発テロの直後に米大統領が対テロ戦争宣言をしたのと全く同じだからだ。これでは際限のない戦争の繰り返しだ。この憎悪の応酬を断つには、貧困や差別の解消と共に、紛争を戦争に拡大させぬよう国際社会が見守ることだ。軍事力で平和を築けないのが明らかな今、いかなる国も武力行使は許されない。また人類と地球の未来を考えれば争っている場合ではない。真の平和を築くために、今は誰もがその自覚と努力を求められている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る