季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

世の中は常に矛盾に満ち、様々な事件、事故が絶えない。特にパリ同時多発テロは衝撃だった。卑劣なテロは許されないが、フランスはただちにテロ組織への報復爆撃を開始した。ああまたか、と私は呻いた。それは、米国同時多発テロの直後に米大統領が対テロ戦争宣言をしたのと全く同じだからだ。これでは際限のない戦争の繰り返しだ。この憎悪の応酬を断つには、貧困や差別の解消と共に、紛争を戦争に拡大させぬよう国際社会が見守ることだ。軍事力で平和を築けないのが明らかな今、いかなる国も武力行使は許されない。また人類と地球の未来を考えれば争っている場合ではない。真の平和を築くために、今は誰もがその自覚と努力を求められている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る