人形に魅了されて

 きらびやかな生地を使った日本人形、額や羽子板を台にした押し絵人形、木目込み人形などを作る『市原人形サークル』が戸田コミュニティセンターで開かれている。講師は人形作家美術協会師範として全国で活躍してきた中村美佐子さん(71)。70歳を機に現役を引退したが、すぐに生徒の要望で指導することになり、昨年、同サークルができた。
 土台の羽子板に日本人形をあしらった中村さん独特の立体羽子板を完成させたのは、「孫のため羽子板を作ったのをきっかけに夢中になった。先生の作品のお顔が好き」という女性。古い着物を縫い直した小袖を背景に、あでやかな着物を着た武家娘は制作に10カ月かかった。帯に巻いたしごきは絹糸で繊細な網代編みを施してある。
 桜台に住む女性が手にしていたのは亡き母親が買ってくれた市松人形。東日本大震災で半壊した宮城県の実家を取り壊す際にでてきた。「かなり痛んでいたが、思い入れがあった」とのこと。本物の和裁と同じように着物を縫い、顔の傷や抜け落ちた髪の毛を修復するとみごとによみがえった。会員たちは完成品を囲み、「いいお顔ね」、「きれい」と楽しそう。中村さんも「再び、完成の喜びをみんなで分かち合えるのが嬉しい」と目を細める。
 ひな人形、七福神、花魁や町娘など着付け方や時代考証を踏まえつつ、会員は好みのものを創作してきた。他に西洋人形も作ることができるという。現在会員は9人。活動は毎月第1・3月曜日13時から。会費1回500円。

問合せ 宮川さん
TEL 090・1691・3232

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る