人形に魅了されて

 きらびやかな生地を使った日本人形、額や羽子板を台にした押し絵人形、木目込み人形などを作る『市原人形サークル』が戸田コミュニティセンターで開かれている。講師は人形作家美術協会師範として全国で活躍してきた中村美佐子さん(71)。70歳を機に現役を引退したが、すぐに生徒の要望で指導することになり、昨年、同サークルができた。
 土台の羽子板に日本人形をあしらった中村さん独特の立体羽子板を完成させたのは、「孫のため羽子板を作ったのをきっかけに夢中になった。先生の作品のお顔が好き」という女性。古い着物を縫い直した小袖を背景に、あでやかな着物を着た武家娘は制作に10カ月かかった。帯に巻いたしごきは絹糸で繊細な網代編みを施してある。
 桜台に住む女性が手にしていたのは亡き母親が買ってくれた市松人形。東日本大震災で半壊した宮城県の実家を取り壊す際にでてきた。「かなり痛んでいたが、思い入れがあった」とのこと。本物の和裁と同じように着物を縫い、顔の傷や抜け落ちた髪の毛を修復するとみごとによみがえった。会員たちは完成品を囲み、「いいお顔ね」、「きれい」と楽しそう。中村さんも「再び、完成の喜びをみんなで分かち合えるのが嬉しい」と目を細める。
 ひな人形、七福神、花魁や町娘など着付け方や時代考証を踏まえつつ、会員は好みのものを創作してきた。他に西洋人形も作ることができるという。現在会員は9人。活動は毎月第1・3月曜日13時から。会費1回500円。

問合せ 宮川さん
TEL 090・1691・3232

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る