放置竹林をハウス野菜の栽培用エネルギーへ 再生プロジェクトに支援協力を!

 10年以上、市内の河川敷の美化ボランティアをしてきた川島会が、福増地区の広大な放置竹林をエネルギーに変え、農業に利用しようと準備中だ。現在、インターネットで多くの人に支援を呼びかけ、必要な資金を調達するクラウドファンディングにチャレンジしている。
 川島会は、すでに福増町会と協働し、竹林整備を進めてきた。伐採した竹をチップにし発酵させ、畑の土壌改良材として再利用。農作物の育ちやすい土になると、地元の農家からも喜ばれている。今回計画中のプロジェクトは、さらに8万坪の竹1万本以上を専用のボイラーでハウス栽培の暖房燃料にし、耕作放棄地も再度農地として再生させようというもの。竹1本は油約18リットル分。中堅農家では1晩に1000リットルもの重油を消費することもあるというが、竹なら約50本分で済む。「竹ボイラーで乾燥竹を完全燃焼させ、お湯をわかし、ハウス内に循環させて暖めます。排煙が少なく、環境負荷も低い。しかも竹は2年で成木するため、放置竹林そのものが継続性あるエネルギー源として有効活用できます。エネルギーを地産地消するという、循環型農業を実現できるんです。そのためには、竹ボイラー、パイプハウス購入に200万円が必要で、皆さんに支援協力をいただけないか、お願いしています」とメンバー。
 期日までに目標金額が集まれば支援が受けられる。〆切は2月10日。支援金額によって、新鮮野菜が届いたり、農地が無償で借りられたりする。今年秋にはイチゴの苗を植え、支援いただいた方を招待したいという。詳細は専門サイトで発表中。

問合せ 花見さん
TEL 080・3361・0641
https://readyfor.jp/projects/kawashimakai

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る