体協通信

伝統の武道で青少年の健全な育成に貢献し体力に応じた技能を楽しむ
市原市なぎなた連盟 事務局長 水野恭子

 市原市なぎなた連盟の会員は現在40名ほどおり、金曜日にはゼットエー武道場で、隔週の土曜日には八幡公民館と市原中学校武道場で、日曜日には千種コミュニティーセンターで活動しています。
 なぎなたは日本伝統の武道です。礼に始まり礼に終わると言われるように、礼節を重んじると共に、人格の形成をはかることを真の目的としており、文化的・教育的にも高い評価を有しています。なぎなたの修練を通して、青少年の健全な人間形成にも役立っており、広く社会に役立つ人を養うことができます。
 左右対称に行われる技(振り上げ法、持ち替え法、振り返し法)が有り、繰り込み・繰り出しなど変化にとんだ攻防を楽しむことができます。技と動きが多彩であり、相手の動きに対応した攻防を行うところに喜びを味わうことができます。素早い攻防の練習により、健康な体を作り、体力を向上させ、持久力や瞬発力が養われ、調和のとれた美しい良い姿勢になり、旺盛な気力と活力が養われます。
 なぎなたには演技競技と試合競技があります。正しい技の稽古を繰り返し行うことにより、技の優劣を競い合う競技ができるようになります。
 なぎなたの大きな特徴としては、高齢になっても体力に応じて技能を楽しめるということがあります。腹式呼吸により、大声を出すことで、背筋腹筋力の働きが増し、合理的な形で機敏に動くことができるようになります。ひとつの道場で、3才の子どもから90才の人までも、一緒にお稽古ができるのは至福の修業の場と喜びを感じております。
 市原市なぎなた連盟では、初稽古・寒稽古・暑中稽古・市原市民体育大会なぎなた競技が行われ、また、千葉県民体育大会なぎなた競技にも参加しております。
 市原市民の皆々様、大勢の方々が見学にいらっしゃって下さることを楽しみにお待ち申し上げております。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る