50年の歴史を伝える記念句集

 平成26年に創立50周年を迎えた『市原市俳句協会』が今年1月、合同句集『創立50周年記念特別号 櫟(いちい)』を発行した。会員127名の句と俳句への思いが綴られているほか創刊以来の先達の句が掲載されており、これまでの句集に携わってきた俳句愛好者全員参加の記念すべき1冊となっている。
 現在の会員数は約170名。市内外で句会に所属している人、個人で俳句を嗜む人など様々だ。平成21年に『市原市俳句同好会』から現在の名称に変更。会員だけで俳句を楽しむのではなく、伝統文化を若い世代に継承すべく普及活動を行っている。同会主催で年に2回行われる俳句大会のうち、秋の大会時には中学・高校生向けに『市原市文芸コンクール』を開催している。
 優れた句や人との出会い、知的好奇心は人生を豊かにする。「人の句に共鳴できたときが嬉しい」とある女性会員。
 創刊号から現在まで、年に一度発行されてきた句集を苦心して入手し、今句集をとりまとめるに至った。「先人の皆様の意思により引き継がれてきたことに感謝したい。ただ1冊だけ、昭和41年発行の2号を入手できずにいる。お持ちの方は知らせてほしい」と会長の木村傘休(さんきゅう)さん。

問合せ 木村さん
TEL 090・4841・7192

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  2.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  3.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  4.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  5.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  6. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  7. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  8.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る