50年の歴史を伝える記念句集

 平成26年に創立50周年を迎えた『市原市俳句協会』が今年1月、合同句集『創立50周年記念特別号 櫟(いちい)』を発行した。会員127名の句と俳句への思いが綴られているほか創刊以来の先達の句が掲載されており、これまでの句集に携わってきた俳句愛好者全員参加の記念すべき1冊となっている。
 現在の会員数は約170名。市内外で句会に所属している人、個人で俳句を嗜む人など様々だ。平成21年に『市原市俳句同好会』から現在の名称に変更。会員だけで俳句を楽しむのではなく、伝統文化を若い世代に継承すべく普及活動を行っている。同会主催で年に2回行われる俳句大会のうち、秋の大会時には中学・高校生向けに『市原市文芸コンクール』を開催している。
 優れた句や人との出会い、知的好奇心は人生を豊かにする。「人の句に共鳴できたときが嬉しい」とある女性会員。
 創刊号から現在まで、年に一度発行されてきた句集を苦心して入手し、今句集をとりまとめるに至った。「先人の皆様の意思により引き継がれてきたことに感謝したい。ただ1冊だけ、昭和41年発行の2号を入手できずにいる。お持ちの方は知らせてほしい」と会長の木村傘休(さんきゅう)さん。

問合せ 木村さん
TEL 090・4841・7192

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る