健康にいい笑いを 落語入門講座

「心温まる失敗談の笑いは、後味がいいんです」と話すのは、あすみが丘在住の社会人落語家・三遊亭遊王さん。昨年、市津公民館主催で開催された「シニア寄席・落語の楽しみ方」を担当した。三遊亭圓王師匠が主宰する社会人落語倶楽部の会員で、年20回ほど高座に上がり、入門講座も各地域で行っている。今回の講座は、39名の参加者が落語世界への入口を笑いながら楽しんだ。
 まずは豆知識。「寄席は毎日、昼夜2回公演があり、基本自由席。演者の入れ替わり時なら出入り自由、飲食自由な所もあります。ただ、演じているときにお煎餅がバリバリ鳴るのはちょっとねえ」と参加者を笑わせながら解説。見習い前座で始まる落語家は、二つ目で最低50話、真打ちで100話覚えること、耳馴染みの良い七五調のセリフを多様するなど、興味ある内容が盛りだくさん。さらに「代演は日常茶飯事です。寄席の出演料は安いので、人気のある落語家は別の場があるとそっちに行っちゃうんですね」と裏話なども披露した。
 最後は落語を一席。話は、酔っぱらって夜中に帰宅した旦那と奥さんが家呑みについて攻防する『代り目』。奥さんに威張り、肴のおでんを買いに行かせる旦那だが、「いつも感謝してる。あなたは私の弁天様だ!」と叫んだら、奥さんがまだ出かけていなかった、というオチ。「落語の世界もとても面白い。寄席に行ってみたくなりました」と参加者は堪能。遊王さんは「落語は機知に富んだオチで笑う。健康に良くボケ防止にもなりますから、趣味にいいですよ」と語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 3月25日、茂原市国府関の茂原街道沿いにフットサルコートを併設したサービス付き高齢者向け住宅『ファミリークラブあかね雲』がオープンした。フッ…
  2.  八千代市大和田新田にある京成バラ園では、6月13日(日)まで春のシーズンイベント『スプリングフェスティバル It's so in Bloo…
  3.  新型コロナウイルスのパンデミックのなか、2020年6月15日にスタートしたインスタグラム・プロジェクト「Artists' Breath」(…
  4. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1. 3月25日、茂原市国府関の茂原街道沿いにフットサルコートを併設したサービス付き高齢者向け住宅『ファミリークラブあかね雲』がオープンした。フッ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る