ママと赤ちゃんに寄り添った保育を

 今年1月にオープンした袖ケ浦市認可の『みどりの風保育園』。定員19名の小規模保育園は市内初の試み。園長の武井千尋さんは、「設立のきっかけは母体となる社会福祉法人みどりの丘の職員が育児を理由に退職せざるをえない状況を救おうと、事業所内保育を作ろうとしたことでした」と振り返る。
 袖ケ浦市は待機児童ゼロを公表。しかし、子どもの状況は常に変化しているとともに、保護者の通勤事情を含めると必ずしも万全の体制が整っているわけではない。その中で、保護者・子ども・保育士の居心地のいい環境を目指して袖ケ浦市の認可保育園をスタートさせた。
 0歳から満3歳まで定員19名の同園。現在は11名の子ども達を、常勤9名(栄養士1名含む)とパート8名の保育士が見守っている。「何よりも事故がないよう徹底しています。怖いのは昼寝中の突然死なので、5分おきに寝息をチェック。年齢ごとにクラスを分けて、寄り添った保育を行っています」と武井さん。
 近々、園庭には芝が植えられ、遊具も設置される。また、5月には一時保育、夏には子育て支援センターをオープンできるよう準備中だ。「地域の方も協力してくださり有難いです。ゆくゆくは、子ども達と高齢者の触れあえる場所も作っていけたら」と展望も語る。袖ケ浦市以外の子どもの受け入れも可能。詳細は市役所へ問合せを。

問合せ 袖ケ浦市役所
TEL 0438-62-3276

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る