ママと赤ちゃんに寄り添った保育を

 今年1月にオープンした袖ケ浦市認可の『みどりの風保育園』。定員19名の小規模保育園は市内初の試み。園長の武井千尋さんは、「設立のきっかけは母体となる社会福祉法人みどりの丘の職員が育児を理由に退職せざるをえない状況を救おうと、事業所内保育を作ろうとしたことでした」と振り返る。
 袖ケ浦市は待機児童ゼロを公表。しかし、子どもの状況は常に変化しているとともに、保護者の通勤事情を含めると必ずしも万全の体制が整っているわけではない。その中で、保護者・子ども・保育士の居心地のいい環境を目指して袖ケ浦市の認可保育園をスタートさせた。
 0歳から満3歳まで定員19名の同園。現在は11名の子ども達を、常勤9名(栄養士1名含む)とパート8名の保育士が見守っている。「何よりも事故がないよう徹底しています。怖いのは昼寝中の突然死なので、5分おきに寝息をチェック。年齢ごとにクラスを分けて、寄り添った保育を行っています」と武井さん。
 近々、園庭には芝が植えられ、遊具も設置される。また、5月には一時保育、夏には子育て支援センターをオープンできるよう準備中だ。「地域の方も協力してくださり有難いです。ゆくゆくは、子ども達と高齢者の触れあえる場所も作っていけたら」と展望も語る。袖ケ浦市以外の子どもの受け入れも可能。詳細は市役所へ問合せを。

問合せ 袖ケ浦市役所
TEL 0438-62-3276

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  プラスチックのゴミ問題が深刻になって来ています。生産が簡単、ある程度の耐久性がある事などから、年間約800万トンも生産され、どこを見ても使…
  2.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…
  3.  毎月第1土曜日、茂原市中央公民館にて男性だけの料理教室『ダンディークッキング』が開かれている。1990年に開催された茂原市主催のシルバー料…
  4.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。45年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  5.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  6. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  7.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  8.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る