ママと赤ちゃんに寄り添った保育を

 今年1月にオープンした袖ケ浦市認可の『みどりの風保育園』。定員19名の小規模保育園は市内初の試み。園長の武井千尋さんは、「設立のきっかけは母体となる社会福祉法人みどりの丘の職員が育児を理由に退職せざるをえない状況を救おうと、事業所内保育を作ろうとしたことでした」と振り返る。
 袖ケ浦市は待機児童ゼロを公表。しかし、子どもの状況は常に変化しているとともに、保護者の通勤事情を含めると必ずしも万全の体制が整っているわけではない。その中で、保護者・子ども・保育士の居心地のいい環境を目指して袖ケ浦市の認可保育園をスタートさせた。
 0歳から満3歳まで定員19名の同園。現在は11名の子ども達を、常勤9名(栄養士1名含む)とパート8名の保育士が見守っている。「何よりも事故がないよう徹底しています。怖いのは昼寝中の突然死なので、5分おきに寝息をチェック。年齢ごとにクラスを分けて、寄り添った保育を行っています」と武井さん。
 近々、園庭には芝が植えられ、遊具も設置される。また、5月には一時保育、夏には子育て支援センターをオープンできるよう準備中だ。「地域の方も協力してくださり有難いです。ゆくゆくは、子ども達と高齢者の触れあえる場所も作っていけたら」と展望も語る。袖ケ浦市以外の子どもの受け入れも可能。詳細は市役所へ問合せを。

問合せ 袖ケ浦市役所
TEL 0438-62-3276

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る