「ハーブの女王と呼ばれるヨモギは食物繊維が豊富で、化学物質を排出し、血圧やコレステロール値を下げる。ローズマリーは認知症予防、タイムは殺菌に効果がある」と話したのは講師の歯科医師でハーブコーディネーターの長谷川良二さん(ちはら台在住)。3月10日、国分寺公民館主催講座『お祝いレシピ 春野菜を楽しもう』が開かれた。
使うのは長谷川さんが無農薬で育てたハーブや地元の野菜ほか、吟味して揃えた食材。調理室はすでに春の香りでいっぱい。参加者20名は、ピューレ状のヨモギを加えたパウンドケーキをオーブンに入れたあと、ピクルス液を作った。
 材料は、バルサミコ酢と白ワインビネガー各50ml、白ワイン100ml、トウガラシ1本、黒コショウ10粒、ヒマラヤ産岩塩ひとつまみ、黒糖大さじ2、ニンニク一片、国産ハチミツ大さじ1、ローリエ1枚、ローズマリー、タイム各2枝。全て鍋に入れ沸騰させる。冷めたら大根、ニンジン、セロリなどの野菜2~300gを浸ける。「食べ頃は2日目から1週間」。生ハムやスモークサーモンで巻けば、「普段使う健康的な食材がご馳走になる」。色よく焼けたヨモギパウンドケーキには生クリームを添え、ハーブの枝を飾った。
長谷川さんお手製のベーコンとレモングラスティーとともに事前に用意された試食分が出されると、今春から看護師として働く30代の女性は「患者さんの食事のアドバイスの参考になる」、81歳の女性は「孫に作りたい」とおいしそうに食べていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る