春のレシピ 講師はハーブ王子

「ハーブの女王と呼ばれるヨモギは食物繊維が豊富で、化学物質を排出し、血圧やコレステロール値を下げる。ローズマリーは認知症予防、タイムは殺菌に効果がある」と話したのは講師の歯科医師でハーブコーディネーターの長谷川良二さん(ちはら台在住)。3月10日、国分寺公民館主催講座『お祝いレシピ 春野菜を楽しもう』が開かれた。
使うのは長谷川さんが無農薬で育てたハーブや地元の野菜ほか、吟味して揃えた食材。調理室はすでに春の香りでいっぱい。参加者20名は、ピューレ状のヨモギを加えたパウンドケーキをオーブンに入れたあと、ピクルス液を作った。
 材料は、バルサミコ酢と白ワインビネガー各50ml、白ワイン100ml、トウガラシ1本、黒コショウ10粒、ヒマラヤ産岩塩ひとつまみ、黒糖大さじ2、ニンニク一片、国産ハチミツ大さじ1、ローリエ1枚、ローズマリー、タイム各2枝。全て鍋に入れ沸騰させる。冷めたら大根、ニンジン、セロリなどの野菜2~300gを浸ける。「食べ頃は2日目から1週間」。生ハムやスモークサーモンで巻けば、「普段使う健康的な食材がご馳走になる」。色よく焼けたヨモギパウンドケーキには生クリームを添え、ハーブの枝を飾った。
長谷川さんお手製のベーコンとレモングラスティーとともに事前に用意された試食分が出されると、今春から看護師として働く30代の女性は「患者さんの食事のアドバイスの参考になる」、81歳の女性は「孫に作りたい」とおいしそうに食べていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る