健康寿命を延ばすサロンスタート

 姉崎に高齢者向け交流サロンができた。場所は姉崎仲町郵便局から袖ケ浦方面へ100メートル先、看板『だんわ室』が目印。立ち上げたのは福祉団体や町会が協力する姉崎小学校区小域福祉ネットワーク。
 会長の脇田靖さん(72)は「65歳以上対象に毎月1回開催予定。健康寿命を延ばすため、高齢者が集う場を設けたいと昨年5月から準備した」と場所探しや告知方法など発足の苦労を話す。1月の初開催以来、毎回参加者はスタッフを含め40名ほど。社会福祉協議会姉崎支部の穴澤さんらは「予想以上」、家主の菅原さんは「地域のため改築した」と盛会を喜ぶ。
 取材した3月は脇田さんが健康的な歩き方を講義。希望者は30分のウォーキングに出かけた。会場はそのまま映画上映となったが、残った参加者は映像よりもおしゃべりに夢中。お茶を飲み賑やかに過ごした。その間、運営費にと男性が寄付した手作り布バックも完売。会は「楽しくて親戚を誘った」、「外出の機会になる」、「回数増を」と好評。
 脇田さんは「まだ試行錯誤し、名称も検討中。今後は大江戸玉すだれやギター伴奏で歌うなど趣向を凝らした催しを行う」という。町会回覧か掲示板で案内予定。茶菓代300円。申し込みアネッサ(0436・62・8601)辻さんか穴澤さんへ

問合せ 脇田さん
TEL 080・5027・2719

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る