自然への愛情を筆にのせて

 花びらや葉の色と形、枚数はもちろん、どのようについているか、葉脈やおしべとめしべの1本1本まで植物の特徴を忠実にとらえ、かつ芸術性をも追求する植物画。その生態を描くことが目的なので、1枚の画用紙に花と実、葉と根などを描き並べることも。写真という技術がまだ存在しなかった古代エジプトや中国で、薬草を採取する際に品種を見分けるための手段として用いられたのが始まり。
 袖ケ浦市郷土博物館で毎月1回、植物画を楽しんでいるグループがある。市民学芸員の有志で構成される『葉月の会』だ。会員は30~60代の8名。4年ほど前、万葉集に詠まれた植物の絵を展示する『万葉のいろ』展が同館で開かれた。その折りに行われた植物画の1日体験講座の講師『日本植物画倶楽部』の瀧良子さんと、参加者の意思により発足した。月に1度の集まりは、それぞれに持参した植物を透明水彩絵具で描くとともに、お互いの絵を見せ合ったり瀧さんにアドバイスを求めたりといった情報交換の場でもある。「植物の細部まで観察するので色々な発見がある」、「日頃から道端の草花をよく見るようになった」と会員の皆さんは目を輝かせる。
 「植物は生きている。寿命があるのはもちろん、花は光の方を向くなど時間とともに少しずつ動きがあるので描くスピードも大事」と瀧さん。一方で花と球根を1枚の画用紙に収めたい場合などは、球根を先に描き、花が咲くのを待ってから、あらかじめ空けていた余白に花を描き入れたりもする。また、「一番難しいのは色作り。何色もの色を混ぜて自然の色に近づけようとするが、全く同じ色を作ることはできない。それがまた面白いところでもあります。自然の持つ素晴らしさ、奥深さを感じます」と植物画の魅力について語った。
 同博物館がある袖ケ浦公園内には、自然に囲まれた素晴らしい万葉植物園がある。ヤマブキ、ネコヤナギ、キキョウにアジサイのほか、白い花を咲かせる希少なムラサキなどが四季折々に、散歩者の目を楽しませている。会員たちはいつも同園で剪定や植え替えなどの手入れを行ってから、絵を描く作業に入る。瀧さんは「みんな植物が大好き。植物への愛情、自然への愛着があるからこそ、いい絵が描けるのです」と微笑んだ。
 『葉月の会』の絵は毎年11月~12月に、アクアラインなるほど館ロビー展『ソデフローラ 植物画展』で披露している。今年の開催もお楽しみに。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る