自然への愛情を筆にのせて

 花びらや葉の色と形、枚数はもちろん、どのようについているか、葉脈やおしべとめしべの1本1本まで植物の特徴を忠実にとらえ、かつ芸術性をも追求する植物画。その生態を描くことが目的なので、1枚の画用紙に花と実、葉と根などを描き並べることも。写真という技術がまだ存在しなかった古代エジプトや中国で、薬草を採取する際に品種を見分けるための手段として用いられたのが始まり。
 袖ケ浦市郷土博物館で毎月1回、植物画を楽しんでいるグループがある。市民学芸員の有志で構成される『葉月の会』だ。会員は30~60代の8名。4年ほど前、万葉集に詠まれた植物の絵を展示する『万葉のいろ』展が同館で開かれた。その折りに行われた植物画の1日体験講座の講師『日本植物画倶楽部』の瀧良子さんと、参加者の意思により発足した。月に1度の集まりは、それぞれに持参した植物を透明水彩絵具で描くとともに、お互いの絵を見せ合ったり瀧さんにアドバイスを求めたりといった情報交換の場でもある。「植物の細部まで観察するので色々な発見がある」、「日頃から道端の草花をよく見るようになった」と会員の皆さんは目を輝かせる。
 「植物は生きている。寿命があるのはもちろん、花は光の方を向くなど時間とともに少しずつ動きがあるので描くスピードも大事」と瀧さん。一方で花と球根を1枚の画用紙に収めたい場合などは、球根を先に描き、花が咲くのを待ってから、あらかじめ空けていた余白に花を描き入れたりもする。また、「一番難しいのは色作り。何色もの色を混ぜて自然の色に近づけようとするが、全く同じ色を作ることはできない。それがまた面白いところでもあります。自然の持つ素晴らしさ、奥深さを感じます」と植物画の魅力について語った。
 同博物館がある袖ケ浦公園内には、自然に囲まれた素晴らしい万葉植物園がある。ヤマブキ、ネコヤナギ、キキョウにアジサイのほか、白い花を咲かせる希少なムラサキなどが四季折々に、散歩者の目を楽しませている。会員たちはいつも同園で剪定や植え替えなどの手入れを行ってから、絵を描く作業に入る。瀧さんは「みんな植物が大好き。植物への愛情、自然への愛着があるからこそ、いい絵が描けるのです」と微笑んだ。
 『葉月の会』の絵は毎年11月~12月に、アクアラインなるほど館ロビー展『ソデフローラ 植物画展』で披露している。今年の開催もお楽しみに。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る