自然への愛情を筆にのせて

 花びらや葉の色と形、枚数はもちろん、どのようについているか、葉脈やおしべとめしべの1本1本まで植物の特徴を忠実にとらえ、かつ芸術性をも追求する植物画。その生態を描くことが目的なので、1枚の画用紙に花と実、葉と根などを描き並べることも。写真という技術がまだ存在しなかった古代エジプトや中国で、薬草を採取する際に品種を見分けるための手段として用いられたのが始まり。
 袖ケ浦市郷土博物館で毎月1回、植物画を楽しんでいるグループがある。市民学芸員の有志で構成される『葉月の会』だ。会員は30~60代の8名。4年ほど前、万葉集に詠まれた植物の絵を展示する『万葉のいろ』展が同館で開かれた。その折りに行われた植物画の1日体験講座の講師『日本植物画倶楽部』の瀧良子さんと、参加者の意思により発足した。月に1度の集まりは、それぞれに持参した植物を透明水彩絵具で描くとともに、お互いの絵を見せ合ったり瀧さんにアドバイスを求めたりといった情報交換の場でもある。「植物の細部まで観察するので色々な発見がある」、「日頃から道端の草花をよく見るようになった」と会員の皆さんは目を輝かせる。
 「植物は生きている。寿命があるのはもちろん、花は光の方を向くなど時間とともに少しずつ動きがあるので描くスピードも大事」と瀧さん。一方で花と球根を1枚の画用紙に収めたい場合などは、球根を先に描き、花が咲くのを待ってから、あらかじめ空けていた余白に花を描き入れたりもする。また、「一番難しいのは色作り。何色もの色を混ぜて自然の色に近づけようとするが、全く同じ色を作ることはできない。それがまた面白いところでもあります。自然の持つ素晴らしさ、奥深さを感じます」と植物画の魅力について語った。
 同博物館がある袖ケ浦公園内には、自然に囲まれた素晴らしい万葉植物園がある。ヤマブキ、ネコヤナギ、キキョウにアジサイのほか、白い花を咲かせる希少なムラサキなどが四季折々に、散歩者の目を楽しませている。会員たちはいつも同園で剪定や植え替えなどの手入れを行ってから、絵を描く作業に入る。瀧さんは「みんな植物が大好き。植物への愛情、自然への愛着があるからこそ、いい絵が描けるのです」と微笑んだ。
 『葉月の会』の絵は毎年11月~12月に、アクアラインなるほど館ロビー展『ソデフローラ 植物画展』で披露している。今年の開催もお楽しみに。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…
  2.  現在ブームが続いているキャンプ。アウトドアで密にならないこともあり、キャンプ場だけでなく、自宅の庭などで楽しむ手軽なタイプも人気だ。ただ、…
  3.  千葉市緑区のホキ美術館では11月7日(日)まで、『STORIES─永遠の人物画展』を開催中。写実絵画を専門とする同館で最も所蔵が多い人物画…
  4. 木々に囲まれた家で暮らしたい、理想の庭を作りたい、そんな思いで長い間ずっと温めてきた自身の夢、『森の中の家』に住まいを移してから今年の9…
  5.  市原市在住、須田和人さんのスポーツ指導者としての実績が素晴らしい。市内の高校陸上競技部顧問として15年連続、計62種目、延べ128名をイン…
  6.  長柄ダム湖畔の高台に建つロングウッドステーション。隣の大きな駐車場の一角には、昨年オープンした『太陽ファーム加工場』と、今年オープンした『…
  7.  皆さんはアリにキノコが生えるのをご存じですか? この写真はムネアカオオアリに寄生しているマルミアリタケです。森の中の朽木からミニチュアのミ…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る