自然への愛情を筆にのせて

 花びらや葉の色と形、枚数はもちろん、どのようについているか、葉脈やおしべとめしべの1本1本まで植物の特徴を忠実にとらえ、かつ芸術性をも追求する植物画。その生態を描くことが目的なので、1枚の画用紙に花と実、葉と根などを描き並べることも。写真という技術がまだ存在しなかった古代エジプトや中国で、薬草を採取する際に品種を見分けるための手段として用いられたのが始まり。
 袖ケ浦市郷土博物館で毎月1回、植物画を楽しんでいるグループがある。市民学芸員の有志で構成される『葉月の会』だ。会員は30~60代の8名。4年ほど前、万葉集に詠まれた植物の絵を展示する『万葉のいろ』展が同館で開かれた。その折りに行われた植物画の1日体験講座の講師『日本植物画倶楽部』の瀧良子さんと、参加者の意思により発足した。月に1度の集まりは、それぞれに持参した植物を透明水彩絵具で描くとともに、お互いの絵を見せ合ったり瀧さんにアドバイスを求めたりといった情報交換の場でもある。「植物の細部まで観察するので色々な発見がある」、「日頃から道端の草花をよく見るようになった」と会員の皆さんは目を輝かせる。
 「植物は生きている。寿命があるのはもちろん、花は光の方を向くなど時間とともに少しずつ動きがあるので描くスピードも大事」と瀧さん。一方で花と球根を1枚の画用紙に収めたい場合などは、球根を先に描き、花が咲くのを待ってから、あらかじめ空けていた余白に花を描き入れたりもする。また、「一番難しいのは色作り。何色もの色を混ぜて自然の色に近づけようとするが、全く同じ色を作ることはできない。それがまた面白いところでもあります。自然の持つ素晴らしさ、奥深さを感じます」と植物画の魅力について語った。
 同博物館がある袖ケ浦公園内には、自然に囲まれた素晴らしい万葉植物園がある。ヤマブキ、ネコヤナギ、キキョウにアジサイのほか、白い花を咲かせる希少なムラサキなどが四季折々に、散歩者の目を楽しませている。会員たちはいつも同園で剪定や植え替えなどの手入れを行ってから、絵を描く作業に入る。瀧さんは「みんな植物が大好き。植物への愛情、自然への愛着があるからこそ、いい絵が描けるのです」と微笑んだ。
 『葉月の会』の絵は毎年11月~12月に、アクアラインなるほど館ロビー展『ソデフローラ 植物画展』で披露している。今年の開催もお楽しみに。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る