陶芸で疲れた心にふっと癒しの空気を

陶芸家 渡辺 清美 さん

 市原市皆吉の自宅離れで、陶芸家の渡辺清美さん(56)は作品制作に取り組みながらセラピーをして人の心を癒している。「陶芸を始めたのは40歳の時です。長年公務員として働いていましたが、突然病に襲われ辞職しました。一生懸命仕事をしていたからこそ、辞めたことでぽっかりと大きな穴が心に空いてしまったんです。そんな時、ふと陶芸をしてみようと外房の工房へ体験に訪れた」という窯が、現在の渡辺さんを形作る初めの一歩だった。「好きなものを作りなさい」と講師に指示され、お皿やカップ、置物を作ってはみるものの『まだ喪失感を埋められていない』と感じた。
 だが同時期、自身の心のケアをするためにカウンセリングを受けたことで、心理学を学ぼうと決意しカウンセラーの資格を取得したことも良い影響をもたらした。次第に活力を取り戻し、自宅離れにカウンセリングスペースを開設。陶芸制作をするための電動ろくろやテーブルなどはもちろん、室内には渡辺さんの作品が整然と並べられている。
「あまりお皿に興味はなく、ネコやフクロウ、ウサギなどの動物を作ることが多いです」と渡辺さんが話す通り、今にも動き出しそうなほどリアルな姿はとても可愛らしい。ほほ笑みを浮かべて手を伸ばす猫たちは大きな置物で、眺めているだけで癒されるようだが、それも「私の心がなごやかになったから」だと振り返る。朗らかに笑い、巧みに話す彼女からは想像できないが、制作当初は自分を見失っていたという。落ち込んだ想いを吐き出すように土に込め、数百以上の作品を焼きあげた頃には人との縁や繋がり、ぬくもりに感謝できるまでに回復していた。
「土を触るのは、とっても気持ちが落ち着きます。私は釉薬にこだわったり、大層な皿を作りたいという気持ちはないんです。どの釉薬を使ったらよりウサギや猫などの作品が生きるかは考えますが、陶芸家という気負いはなく『物を作るおばさん』くらいが丁度いいかな」と親しみを持った笑顔で話す。形を思い浮かべられるものは作れる、と制作前には必ずデッサンをする。今では5冊になったデッサン帳は宝物で、普段記憶の彼方にあるものでも、絵を見るだけですべて鮮やかに思い出せるのだとか。
 今まで千葉市や睦沢町内のギャラリーで個展や販売を行ってきたが、その中でも市原市内で開催されたアートミックスで大好評だった作品たち。内田未来楽校に置かれた作品を求めて、翌年に再来した観光客もいたほどだ。また、「反響があったことは自信に繋がりましたが、色々とアドバイスをいただけることもあり勉強になりました」と向上心も忘れない。
 そんな渡辺さんが目指すのは自身の作品制作だけでなく、『アートの癒し』。近年、病気の治療やストレスの緩和に様々な手法が見出されている。土に触れることは人間にとってプラスの効果があると言われているのは事実で、渡辺さんは「陶芸をして、心が自然と開く。その後、お茶をしてゆっくり話すことで、悩みが短時間で解決することもあるんですよ」と経験を話す。初めは悩みを吐きだすことに夢中でも、ふと棚に目を向けると動物たちが笑っている。「これ、どうやって作ったんですか」と興味を持ってもらえたら、まず一歩。「君津の方から来てくれる方もいます。落ちこんで来ても、笑顔で帰す!私流です」という渡辺さんは、近所の牛久小でボランティアにも励んでいる。
 小さい子どもを持つママの悩みも聞き、若い世代との交流は自身の作品にも生かされるとか。朝起きて、家事を済ませると離れに移る。暖かい日差しと小さく流れるラジオの音の中、山あいに心地良い時間が訪れる。
 静かに刻むろくろの音とともに、渡辺さんは「制作しやすい環境をくれる夫には感謝です。私達には子どもがいないのですが、作品みんなが愛しい子ども達です。制作時に気を付けているのは、最後のひと手間まで手を抜かないことですね。これからは大きなオブジェも作ってみたいですし、色んな猫の種類に挑戦したいです」と意気込んだ。これからも多くの動物たちが離れの棚に仲間入りしていくことだろう。
 8月7日から28日まで睦沢町のギャラリー801で作品展を開催予定。作品の購入、陶芸カウンセリングを含め詳細は問合せを。

問合せ 渡辺さん
TEL 090・1437・2531

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…
  2. フォレストアドベンチャー・千葉 冒険の森のアクティビティ!  千葉市若葉区・泉自然公園内にある、フランス発の森林冒険施設。自然の立木の…
  3.  山武市のさんぶの森中央会館音楽室は、壁一面の窓から望む森の緑が美しい。この音楽室を拠点に、毎月第2・第4日曜日にコカリナの練習を行って…
  4.  市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川…
  5.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  6.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  7.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  8. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  9.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  10.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…

ピックアップ記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る