アートいちはら2016春 里山と街をつなぐオアシス『内田未来楽校』から市原市中に蝶々が飛び立つ日

 来春開催する『第2回いちはらアート×ミックス』に繋げていくアートイベント『アートいちはら2016春』が、5月3日から8日までの6日間開催された。
 その会場のひとつとなった、市内唯一の木造校舎、内田未来楽校(旧内田小学校・市原市宿174・8)では、アーティスト・キジマ真紀さんによる『刺繍カフェ てふてふ』が開催され、期間中終日、てふてふ(蝶々)作りを楽しむ大勢の老若男女の姿が見られた。開催前に東京から訪れたキジマ真紀さんから、てふてふ作りを説明された同校を管理運営する『報徳の会(常澄良平会長)』の女性会員の皆さん。作家不在の時は参加者に作り方のてほどきをしたり、「期間中に千頭」を目標に、てふてふ作りに励んだ。
 今回、作られた蝶々は来春、アート×ミックス開催時に作品の一部として展示される。初日の5月3日(祝)から会場内に置かれたテーブルやイスが満席となるほどの人気。家族で参加した市内在住の女性は「参加費は無料だし入場料もかからない。制限時間もないから、のんびり過ごせる。作った蝶々が作品になるのも楽しみ」と話し、隣席の女性も「1時間から1時間半ぐらいで作れるし、好きな材料を選んで、自分好みにデコレートしてオンリーワンの蝶々が出来上がるのが嬉しい」と笑顔で話した。
 お隣りでは報徳の会が運営する『内田未来カフェ』もオープン。できたての手作りパンやクッキーなどを買い求め、コーヒータイムを楽しむ人や制作会場に持ち込んで、ひと休みがてらお喋りに花を咲かせる人たちもいた。
 会場前では採れたての野菜や加工品も販売され、季節の山菜や菖蒲湯に使う菖蒲も並んだ。
 会場内のもうひとつの教室では『内田の生き物展』が開かれており、地域に棲息する野生動物の剥製が展示され、子どもたちが歓声を上げて見物していた。地元の小学生男子は「タヌキは車に轢かれているのしか見たことなかった。イノシシはよく見るけど、こんなに小さいウリ坊は見たことない。可愛いけど畑を荒らす困ったヤツなんだよね」と真剣に見入り、祖父だという男性は「獣だけでなく、いろんな鳥もあって見応えありますね」と感心していた。
 キジマ真紀さんを改めて紹介すると、1976年東京都生まれ。東京芸術大学大学院卒業。「現実と空想」をテーマに、日用品などの品々を繊細な手作業によって植物やドレスに変貌させる作品を制作している。
 2009、2012年、『大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ』、2014年には市原湖畔美術館にて、ワークショップを実施した。
 蝶々というモチーフは今回が初めて。「内田未来楽校が多くの人の集うコミュニティーであることを、蝶々が運ぶ花粉に託して、市原市中に飛んで知ってもらうとイメージして」とキジマ真紀さん。
『刺繍カフェ てふてふ』は1076名の入場者で終了。報徳の会事務局長の小出和茂さんは「今回、完成した蝶々は家に持ち帰って作ったものも含め200を超えた。今後、毎月第3土日曜日に開催する『おもしろ展示会』と同時に『刺繍カフェ てふてふ』も開催します」と語る。是非、皆さんも、気軽に立ち寄って、蝶々作りしてみては。

問合せ 小出さん
TEL 090・2661・5567

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. いつものにぎやかな音楽が聴こえると、それは移動販売車ピース号が来た合図。食品や日用品などを乗せて、週に1度、決まった場所へ決まった時間にやっ…
  2.  1945年8月15日の終戦の日、連合国軍機と交戦し墜落したとみられる零戦の機銃が、今年1月、大多喜町で発見された。遺族の依頼を受けた有志の…
  3.  以前にもこのコラムのなかで書いたことがあると思いますが、14世紀のヨーロッパでは、人口の約3分の1が生命を奪われた黒死病(ペスト)の大流行…
  4.  子供の頃、さわって遊んだ人も多いのではないでしょうか?里山や森の地面に2~3個並んでいるのを見かけるホコリタケというキノコ。ホコリタケとい…
  5.  6月12日(土)、黒田尚嗣さん(65)(ペンネーム『平成芭蕉』)の講演『世界遺産の旅~長崎、天草地方の潜伏キリシタン関連遺産群の旅』が開催…
  6.  日本の伝統文化として海外でも興味関心の高い折り紙。必ず一度は折ったことがあるだろう。一年の延期を経て今夏開催された東京オリンピックで、来日…
  7. メヒコの衝撃─メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 9月26日(日)まで 市原湖畔美術館  メキシコのスペインによる征服から500年、独立…
  8.  世の中、理不尽なことがたくさん起こりますが、それをどう捉えるかで人生の行く道が変わることがあります。目の前で起こっている理不尽なことは、今…
  9.  ボランティア団体『桜さんさん会』は今年4月23日、東京の憲政記念会館で開催された『第15回みどりの式典』で緑化推進運動功労者内閣総理大臣表…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. いつものにぎやかな音楽が聴こえると、それは移動販売車ピース号が来た合図。食品や日用品などを乗せて、週に1度、決まった場所へ決まった時間にやっ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る