食べられる草はど~れだ?

 小湊鐵道月崎駅前にある『森ラジオ ステーション』が作られたのは2年前。使われなくなった駅員の詰所小屋をコケと山野草で覆い、中には枕木が敷いてある。アーティスト、木村崇人さんの作品だ。制作当時は駅「ステーション」としてだけでなく、小鳥のさえずりや木々が風に揺れる音などをラジオの周波数に乗せてライブで聴ける「ラジオステーション」としても人々を楽しませていた。
 『アートいちはら2016春』会期中の5月4日に行われたイベントは『木村崇人と森ラジオを食べる』。作品周辺の山野草を食べてみようというもので、意欲満々の11名が参加した。「今日はあえて生、もしくは茹でる、蒸すといった方法で食し、アクや苦味、渋味を感じてみましょう」と木村さん。山野草の手入れを行っているボランティア団体『森遊会』の芹澤洋子さんから、食べられる植物、食べられない植物の名前を教わったあとそれぞれ採取に。タンポポやヤマツツジの花、ユキノシタなど、十数種類の山野草を試食し「スミレはいける」、「スイバはすっぱい」など参加者は口々に感想を述べた。カラスノエンドウはさやの中の実を食べる。蒸して軽く塩をふり、花を添えてクラッカーにのせたらオシャレなオードブルのできあがり。「美味しい!杏仁みたい」と新しい食材の発見に舌鼓を打つ人も。「自力で越冬し、エネルギーを蓄えて育った山野草は栄養価が高い。ただクセがあるから食べ過ぎないように。食糧難になったとき、活用してみて」と木村さんは笑った。
 『森ラジオ』の周りでは、人は自然と笑顔になる。「大草原の小さな家みたい」との声も聞こえてきた。一度訪れてみては。ゆっくりと流れる時間を体感できるだろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る