食べられる草はど~れだ?

 小湊鐵道月崎駅前にある『森ラジオ ステーション』が作られたのは2年前。使われなくなった駅員の詰所小屋をコケと山野草で覆い、中には枕木が敷いてある。アーティスト、木村崇人さんの作品だ。制作当時は駅「ステーション」としてだけでなく、小鳥のさえずりや木々が風に揺れる音などをラジオの周波数に乗せてライブで聴ける「ラジオステーション」としても人々を楽しませていた。
 『アートいちはら2016春』会期中の5月4日に行われたイベントは『木村崇人と森ラジオを食べる』。作品周辺の山野草を食べてみようというもので、意欲満々の11名が参加した。「今日はあえて生、もしくは茹でる、蒸すといった方法で食し、アクや苦味、渋味を感じてみましょう」と木村さん。山野草の手入れを行っているボランティア団体『森遊会』の芹澤洋子さんから、食べられる植物、食べられない植物の名前を教わったあとそれぞれ採取に。タンポポやヤマツツジの花、ユキノシタなど、十数種類の山野草を試食し「スミレはいける」、「スイバはすっぱい」など参加者は口々に感想を述べた。カラスノエンドウはさやの中の実を食べる。蒸して軽く塩をふり、花を添えてクラッカーにのせたらオシャレなオードブルのできあがり。「美味しい!杏仁みたい」と新しい食材の発見に舌鼓を打つ人も。「自力で越冬し、エネルギーを蓄えて育った山野草は栄養価が高い。ただクセがあるから食べ過ぎないように。食糧難になったとき、活用してみて」と木村さんは笑った。
 『森ラジオ』の周りでは、人は自然と笑顔になる。「大草原の小さな家みたい」との声も聞こえてきた。一度訪れてみては。ゆっくりと流れる時間を体感できるだろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る