みんなが笑顔になる挑戦 『みんなの学校』上映

不登校も特別支援学級もない 同じ教室で一緒に学ぶ

 昨年2月から全国で公開され大ヒットしているドキュメンタリー映画『みんなの学校』が9月4日(日)、youホールで上映される(主催・『みんなの学校』を観る会実行委員会)
 同映画は、地域の中でどんな子どもも、同じ教室で学ぶ大阪市立大空小学校の1年間に密着取材した作品。映画に先んじて放映されたテレビ版『みんなの学校』は『平成25年度文化庁芸術祭賞テレビドキュメンタリー部門大賞』はじめ、『日本民間放送連盟賞報道番組部門優秀賞』、『日本放送文化大賞準グランプリ』ほか多数の賞を受賞した。
 そして現在も各地で上映され続けており、朝日新聞やAERA、サンデー毎日等々多くのメディアでも紹介されている。何故、この映画が賞賛されるのか?前述の文化庁芸術祭大賞受賞理由は「他の地域では厄介者扱いされていた転校生が、教師と同級生、そして地域が包み込むことで、素直で心優しい子どもに成長していく姿は、見ている者の心を熱くする。大空小学校の試みは、上からの教育改革とは一線を画す、現場からの教育改革でもある」とされており、映画を見た教育評論家の尾木直樹さんは「驚いた!ここには、ありのままの公立小学校の魅力が、大胆に惜し気もなく躍動している。(中略)それにしてもスゴイ記録映画が完成したものである。学校と教育の未来に、希望が湧く映画である」とコメントしている(映画『みんなの学校』公式サイトより一部抜粋)。
 映画の舞台となった大空小学校は、2012年度の児童数約220人のうち、特別支援の対象となる生徒は30人を超えていたが(通常学級数6、特別支援学級7)、「自分がされていやなことは人にしない言わない」という唯一の校則と、「すべての子どもの学習権を保障する」という教育理念のもと、すべての子どもたちが同じ教室で学ぶ。教職員は通常のルールに沿って多く配置されているが、地域住民や学生ボランティアだけでなく、保護者の支援も積極的に受け入れた『地域に開かれた学校』として、多くの大人たちで見守れる体制をつくっている。
 「一緒に見て、一緒に考える上映会は新しい出会いや語らいの場、地域コミュニティとのつながりを生み出す」とも期待されている作品。老若男女問わずお勧めの映画作品。是非、ご覧になってみては。前売り券発売開始。

上映日時 9月4日(日)10時~、14時~、18時30分~
※上映時間は106分。3回ともバリアフリー版日本語字幕付き上映。
前売り券500円、当日券700円。中学生以下無料。
後援・市原市教育委員会、市原市社会福祉協議会

問合せ 実行委員会・桑田さん
TEL 090・9372・8718

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る