廃屋に魅せられて 写真展『廃屋』開催

 数年前から廃墟がブームになっており、廃校となった学校や廃線になった鉄道の跡を巡る人たちが増えてきているという。そんな風潮の中、房総でも各地で目にするようになった廃屋を撮影しているのが、市原市在住のカメラマン、加藤清市さん。
 10年ほど前から、その存在が気になり撮影するようになった。「今でもそうだけど、廃屋を探し求めて撮影に行くのではなく、他に被写体があって、そのついでに廃屋を見つけると撮るっていうのが私のスタイル。だから廃屋に関しては市内に限らず県内各地、特に君津市やいすみ市で撮ったものが多いね」と話す加藤さん。廃屋の魅力について、「何故、惹かれるのか?それは、その家に暮らしていた人たちの心が残っているような雰囲気が漂っているからだろうか。また、壊れてしまってはいるものの、家の立派な造りや家具を見て、昔は栄えていた家なんだろうなと思い、栄枯盛衰を感じるからか」と想いをめぐらせる。
 そこだけ時間が止まったような、非日常的な空間。かつて生活の中で使われていたモノたちが、打ち捨てられた光景。長い間、雨風に晒されて色褪せ赤錆びたトタン屋根、ささくれだった木製の雨戸…。どんな暮らしが営まれていたのだろう。廃屋の一つひとつに物語があり、見る者の想像力をかき立てる。
 だから、廃屋をテーマに撮りためた千点以上の写真の中から一連のストーリーを構築できるものを選び抜き、写真展を開こうと考えた。
 加藤さんは「絞り込んで選んだ40点にストーリー性をもたせ、大きな組み写真のようなイメージで展示したい。まず、会場に入り見ていただくのは、門しか残っていない廃屋跡の作品。そして最後に廃屋と桜を撮った作品を。家には人が住まなくなったが、家の前の桜の花は変わらずに咲く。こうした作品群を眺め、ノスタルジーを感じるなど、何か心に響くものがあったら嬉しいですね」と語る。
 更に、「きれいな写真を撮る人は大勢いる。だから自分は敢えて汚くも感じられるものを撮った。きれいなものを撮るだけが写真じゃないというメッセージを込めてね」と茶目っ気たっぷりに笑う。
 写真展は、つるまい美術館(市原市鶴舞303、鶴舞郵便局前)にて、6月30日(木)から7月14日(木)まで(10~17時)開催。(月)休館。加藤さん在館日は初日・最終日・(土)・(日)。

問合せ つるまい美術館
TEL 0436・88・4001

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る