廃屋に魅せられて 写真展『廃屋』開催

 数年前から廃墟がブームになっており、廃校となった学校や廃線になった鉄道の跡を巡る人たちが増えてきているという。そんな風潮の中、房総でも各地で目にするようになった廃屋を撮影しているのが、市原市在住のカメラマン、加藤清市さん。
 10年ほど前から、その存在が気になり撮影するようになった。「今でもそうだけど、廃屋を探し求めて撮影に行くのではなく、他に被写体があって、そのついでに廃屋を見つけると撮るっていうのが私のスタイル。だから廃屋に関しては市内に限らず県内各地、特に君津市やいすみ市で撮ったものが多いね」と話す加藤さん。廃屋の魅力について、「何故、惹かれるのか?それは、その家に暮らしていた人たちの心が残っているような雰囲気が漂っているからだろうか。また、壊れてしまってはいるものの、家の立派な造りや家具を見て、昔は栄えていた家なんだろうなと思い、栄枯盛衰を感じるからか」と想いをめぐらせる。
 そこだけ時間が止まったような、非日常的な空間。かつて生活の中で使われていたモノたちが、打ち捨てられた光景。長い間、雨風に晒されて色褪せ赤錆びたトタン屋根、ささくれだった木製の雨戸…。どんな暮らしが営まれていたのだろう。廃屋の一つひとつに物語があり、見る者の想像力をかき立てる。
 だから、廃屋をテーマに撮りためた千点以上の写真の中から一連のストーリーを構築できるものを選び抜き、写真展を開こうと考えた。
 加藤さんは「絞り込んで選んだ40点にストーリー性をもたせ、大きな組み写真のようなイメージで展示したい。まず、会場に入り見ていただくのは、門しか残っていない廃屋跡の作品。そして最後に廃屋と桜を撮った作品を。家には人が住まなくなったが、家の前の桜の花は変わらずに咲く。こうした作品群を眺め、ノスタルジーを感じるなど、何か心に響くものがあったら嬉しいですね」と語る。
 更に、「きれいな写真を撮る人は大勢いる。だから自分は敢えて汚くも感じられるものを撮った。きれいなものを撮るだけが写真じゃないというメッセージを込めてね」と茶目っ気たっぷりに笑う。
 写真展は、つるまい美術館(市原市鶴舞303、鶴舞郵便局前)にて、6月30日(木)から7月14日(木)まで(10~17時)開催。(月)休館。加藤さん在館日は初日・最終日・(土)・(日)。

問合せ つるまい美術館
TEL 0436・88・4001

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る