「未病治」で健康への手伝いを

 今年2月に開院した『あい国分寺台治療院』。鍼灸師でありマッサージ師である院長の鈴木諭さん(35)は、29歳で病のため失明したのち、この仕事を選んで国家資格を取得した。ひとりで行う治療院の仕事や日常動作に、危なげなところはひとつもない。「埼玉の国立リハビリテーションセンターで、日常生活の訓練を1年間行いました。点字や歩き方、障害者用のパソコンの使い方など、いろいろ学んだんです」
 実家の南房総市に戻った4年前、視覚障害者の外出をサポートする同行援護の福祉サービスを受け、『あいサポートサービス株式会社』社長の高澤博行さんと出会う。将来や仕事のことなど、いろいろ相談や話をしていたなかで、鍼灸・マッサージ師の話も出ていたという。「再度リハビリテーションセンターに戻り、鍼灸を学び始めました。けれど、なかなか意欲が湧きませんでした」
 その勉学中、鈴木さんはリンパ節炎にかかった。習っていた鍼灸の先生の治療を受けるが、これが転機となる。「半年かけて少しずつ腫れがひき、それっきり何もない。それまで鍼灸の治療を受けたことがなく、半信半疑でしたが、この経験により効果を実感しました」。本気で鍼灸師になろうと取り組み、センターの実習で多くの患者さんに向かい合った。
 「鍼灸・マッサージは東洋医学。病気を予防する『未病治』という考え方では、定期的に体を楽にし、疲れなどを溜めないことが大事になります。例えばどこかに痛みがあると無意識にかばって、仕事や家事の能率が落ちてしまう。そこを改善すると、日常的に楽になるんです」。
 鈴木さんの以前の仕事は千分の一ミリの精度が求められる金属精密部品の金型製作だった。神経を集中し、指先の感覚で判別するような厳しい職人の世界。疲労が溜まったときの辛さも仕事のパフォーマンス低下の現状もよく分かる。「肩こりの症状が、不眠症など別の病や症状から来ている場合もあります。ご本人が意識していない場合も多く、丁寧に原因を探し、少しでも楽になれるお手伝いができればと思っています」。
 高澤さんも「彼は意志が強く、真面目。中途失明という大変な出来事からの立ち直りには時間がかかるはずですが、彼は自分で奮い立って、着実に一生懸命、やってきた。彼との出会いとお誘いがなかったら、鍼灸院の開設はなかったでしょう」と話す。治療院の開院時間は10~12時、14~19時、(日)休。訪問マッサージなどにより不在の場合もある。予約優先。気軽に受けられるクイックマッサージ15分1500円が好評だという。

TEL 0436・37・5960

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…
  2. フォレストアドベンチャー・千葉 冒険の森のアクティビティ!  千葉市若葉区・泉自然公園内にある、フランス発の森林冒険施設。自然の立木の…
  3.  山武市のさんぶの森中央会館音楽室は、壁一面の窓から望む森の緑が美しい。この音楽室を拠点に、毎月第2・第4日曜日にコカリナの練習を行って…
  4.  市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川…
  5.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  6.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  7.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  8. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  9.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  10.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…

ピックアップ記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る