休耕地や農地などを有効活用し花の名所に

市原に新しい花の名所が誕生します。といっても、一般に公開されるのは来春ですが。
場所は能満神社の先にある農地です。この一角にラベンダー畑が完成し、約600坪の畑に千株のラベンダーが咲き揃います。爽やかな薄紫色の花に、癒される香りが辺り一面に漂う、ステキなスポットです。
全国的に増えた休耕地や放棄された農地などの有効活用にと、そして地域を元気にしようと始められた、市民による取り組み。現時点では来場者や周辺住民への対応など、まだ検討しなければいけない点があるとして、ボランティアスタッフの皆さんが来年に向けて、色々と頑張っています。来年は花の時期に間に合うよう、読者の皆さんに公開日時等、詳しいことをお知らせできたらいいなと思います。こうした地域のために活動する方々を紙面を通じてサポートし、多くの読者に伝えていきたいと考えています。

自薦・他薦問いません。こんな活動、始めたよとか、仲間を募りたいという皆さん、是非、お気軽にメールやFAXでご一報ください。お待ちしております。
※但し、営利目的の活動は不可。
※写真は今年、ラベンダー畑を訪れた市民の方々です。

uchi_r

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る