夏野菜の王者を食べて認知症予防

健康講座 第2回

 「久しぶりに会った人の名前が出てこないまま、話しをして、後で思い出すことありますよね。これ認知症かなと心配ではありませんか」と参加者40人の前で話すのは千葉県生涯大学校の元教授、鈴木孝さん(72)。なのはな館(市原市南部保健福祉センター)主催事業の健康講座(全2回)の第2回『認知症防止について』が開かれた。
 ほのぼのとした語り口ではじまった認知症予防の対策は4つ。1つ目は、まず、脳の活性化。「習い事など頭を使うことを10項目あげて実行して。こんな風に口開けてテレビばかり見ていてはだめだよ」とポーズをとる鈴木さんの姿に会場から笑いがもれる。「それから、1日最低5人と話して。もう年だから、話題は何でもいい。話せば頭を使います」
 2つ目は運動。1日30分、体を動かすこと。「私は体操と家庭菜園」とラジオ体操の集まりに参加していることを明かす。
 3つ目は食事。「昔、食糧難だったからと今食べ過ぎていませんか」と参加者に問いかけながら、農業の専門家らしく「夏野菜の王者トマトを食べて」と緑黄色野菜やオリーブオイルを取ることを勧める。
 4つ目は心。楽しく生きて、家庭円満に。「今日の参加者はお金ありそうですね」と見回し、「お金は死んだら使えません。生きているうちに使いましょう」と語る。今まで家族や社会のために十分尽くしてきたのだから、「思う存分自由で、心豊かな時間を過ごしていれば、元気なうちにあの世からお迎えが来ます」と笑わせて終了。参加者たちは「楽しかった」と笑顔で帰宅した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る