仲間みんなが健康でいられるように

 「いっち、に、さん・・・」三和コミュニティセンターの体育館に約60人の元気なかけ声が響く。オレンジ色のTシャツに身を包み、笑顔で体操しているのはサークル『一歩クラブ』の皆さん。保健センターで行われていた骨粗鬆症予防の運動教室が発端となり、平成14年に7人で発足した。「みんな仲が良く居心地がいい」とメンバーは口をそろえる。
 活動は毎週木曜日の午前中。まずは室内で30分間、ストレッチや腿上げ120回などハードなウオーミングアップをこなす。そして自分の体調に合わせ、約2キロから約5キロまでの5つのコースに分かれて1時間ウオーキングをし、戻ったら再び室内でクールダウン。『いきいき棒』とメンバーが名付けためん棒やセラバンドというゴムのひも、ボールなどを使って念入りに全身をほぐす。きつめの筋力・バランストレーニングも。平均年齢68歳というが長年積み重ねてきた体力と筋力、柔軟性は見事だ。1週間ごとに交代で指導にあたっているのは村上京子さんと蔭山陽子さん。「みんなとても真面目。ストレッチの時に手をピンと伸ばすなど、動作ひとつ一つを丁寧に意識している。年齢が上がっても衰えません」と話す。
 取材日はあいにくの雨。傘をさし、約2キロのコースを楽しくおしゃべりしながら全員で歩いた。年に数回は『いちはらクオードの森』などへハイキングに出かける。
 運営やレクリエーションの企画はお互いに協力し合い行う。代表、中村絹江さんへの信頼も厚い。中村さんは「続けられているのは皆さんの思いやりのおかげ」と謙虚に話す。「自分だけではなく、みんなが健康でいられるように」大所帯にも関わらずメンバーの気持ちが揃っている。長く続く秘訣はここにあるのだろう。現在、メンバーは募集していない。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る