楽しい実験で科学の世界を面白く!

 子どもたちが科学の楽しさを体験する『おもしろ実験教室』が、7/29(金)、八幡公民館で開催された。担当は『青少年のための科学の祭典全国大会』元講師の柳池繁さん。割り箸や竹、プラスチック、乾電池などの身近な材料を使い、試験管の笛、セミ笛、もどり車、CDコマ、マイクロフォンと5種類の作品を組み立て、仕組みを解説した。
 参加した15名の子どもたちは、慣れない作業に挑戦し、遊びながら、音や摩擦、ゴムの働き、光の色、バネの動きなど、科学的な結果を確認。特に苦労したのが、摩擦で音を出すセミ笛の小さな竹筒。セミ笛は、割り箸に竹ひごを付け松やにを塗り、糸をかけてクルクル回すもの。ジージーとセミの鳴き声のような音がする。糸と松やにがこすれ、振動が糸から竹筒に伝わり、共鳴して音が出る仕組みだ。竹筒が小さいだけに、片側をクラフトテープで塞ぎ、中心に穴を開け糸を通し、裏で結びテープで止める作業に四苦八苦。竹筒が回るスピードによって音も変わり、勢い良く回しすぎれば糸が絡む。完成させた子どもたちは自分で回し方を工夫しながら、音の鳴りを楽しみ、確認し合った。
 講座の最後は『空気砲』。煙を段ボール箱の中に充満させ両側から叩くと、丸い穴から煙が輪になって飛び出すが、これでろうそくの火を消すゲームを行った。子どもたちは夢中になって、何度も勢いよく煙の輪を作り、火が消えると大喜びしていた。
 「壊れた物を分解して、構造を考えたりするのが面白いし大事。探究心は創造力につながります。子どもたちなりに研究をして楽しんでもらいたいですね」と柳池さん。子どもたちも「いろいろ作れてとても面白かった!」と満足そう。講座が終わった後も作品の直し方など、熱心に柳池さんに教えてもらう子もいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  2.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  3.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  4. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  5.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  6.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  7.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  8.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  10.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

ピックアップ記事

  1.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る