楽しい実験で科学の世界を面白く!

 子どもたちが科学の楽しさを体験する『おもしろ実験教室』が、7/29(金)、八幡公民館で開催された。担当は『青少年のための科学の祭典全国大会』元講師の柳池繁さん。割り箸や竹、プラスチック、乾電池などの身近な材料を使い、試験管の笛、セミ笛、もどり車、CDコマ、マイクロフォンと5種類の作品を組み立て、仕組みを解説した。
 参加した15名の子どもたちは、慣れない作業に挑戦し、遊びながら、音や摩擦、ゴムの働き、光の色、バネの動きなど、科学的な結果を確認。特に苦労したのが、摩擦で音を出すセミ笛の小さな竹筒。セミ笛は、割り箸に竹ひごを付け松やにを塗り、糸をかけてクルクル回すもの。ジージーとセミの鳴き声のような音がする。糸と松やにがこすれ、振動が糸から竹筒に伝わり、共鳴して音が出る仕組みだ。竹筒が小さいだけに、片側をクラフトテープで塞ぎ、中心に穴を開け糸を通し、裏で結びテープで止める作業に四苦八苦。竹筒が回るスピードによって音も変わり、勢い良く回しすぎれば糸が絡む。完成させた子どもたちは自分で回し方を工夫しながら、音の鳴りを楽しみ、確認し合った。
 講座の最後は『空気砲』。煙を段ボール箱の中に充満させ両側から叩くと、丸い穴から煙が輪になって飛び出すが、これでろうそくの火を消すゲームを行った。子どもたちは夢中になって、何度も勢いよく煙の輪を作り、火が消えると大喜びしていた。
 「壊れた物を分解して、構造を考えたりするのが面白いし大事。探究心は創造力につながります。子どもたちなりに研究をして楽しんでもらいたいですね」と柳池さん。子どもたちも「いろいろ作れてとても面白かった!」と満足そう。講座が終わった後も作品の直し方など、熱心に柳池さんに教えてもらう子もいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  2.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  3.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  5.  長生郡長南町市野々の丘陵地帯に、公益財団法人日本生態系協会が運営する樹木葬墓地『森の墓苑』がある。苑内では、『森と草はらの再生プロジェ…
  6.  茂原市で活動するチェンソーカービング同好会『くさりのこくらぶ』では、4月に『アマビエ様』を制作、茂原市内に設置した。代表の木一吉さん(きい…
  7. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る